カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 出産 >
  6. 産後うつの症状・原因・治療

メンタル

産後うつの症状・原因・治療

 

分娩から月経が再開するまでの期間を産褥期と言います。そしてその産褥期に起こる精神障害を産褥期精神障害と言い、その中に産褥期うつ病があります。これは産後うつとも言われる女性特有のうつ病です。

 

 

症状

症状は精神面の症状や身体面の症状までさまざまです。

精神面の主な症状

…イライラ・興奮・強い不安感・意欲低下・判断力低下など

身体面の主な症状

…食欲低下・頭痛・不眠・倦怠感・動悸など

こういったように一般的に言われるうつ病の症状とあまり変わりません。主に産前に引き起こされるマタニティーブルーよりも深刻であることが多くあります。精神面の症状はもちろん子どもを育てる上で障害になりますし、身体面での食欲低下といった症状は母乳など具体的なものにも影響します。

 

なぜ産後にうつになるのか?

出産というイベント自体で起きる女性の体の中の変化は壮絶です。特に出産直後はいきなり起こるホルモンバランスの変化に体がついていけないことや、母になったといきなり自覚することによって起こる心理的ストレスが原因になると考えられています。ただしはっきりとこれが原因として分かっているわけではありません。

 

治療

一般的なうつ病と同じように抗うつ薬による薬物療法が中心になります。幻覚・妄想・強い不安など見られる症状によって服用する薬は異なりますが、どの薬を処方されたとしても薬の服用中は赤ちゃんへの授乳は避けることになります。というのも薬の成分が母乳を介して赤ちゃんの体内に入る可能性もあるためです。

 

 

産後うつ病を発症した人はまじめな性格の人に多い傾向があり、そのため最初の出産で産後うつ病を発症した場合は次の出産でも同じように発症する可能性があります。そのため、発症後に再び出産をするのであれば十分に周囲の人との連携をとって行うことが重要です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014453.php?category=51])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産に関する記事

「出産」にまつわるうつ病、原因となる引き金 その2

    「出産」にまつわることで、心や体に負荷がかかり、うつ病になる人もたくさん...

高齢である程に危険な産後うつ

  出産によってお母さんの体は大きく変化します。体の変化に伴って言葉にできない...


出産でうつ病になる人の心の原因と対策 その1

  出産前後でうつ病になる人の原因には、出産時期に脳内物質の欠如が起きてなるもの...

マタニティブルーと産後うつを見分ける

  出産に関する精神的な症状と言うとマタニティブルーが一番有名かもしれません。...

カラダノートひろば

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る