カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 出産 >
  6. マタニティブルーと産後うつを見分ける

メンタル

マタニティブルーと産後うつを見分ける

 

出産に関する精神的な症状と言うとマタニティブルーが一番有名かもしれません。マタニティブルーは産前にも産後すぐにも見られるもので病気ではありません。一方産後に見られる精神的疾患に産後うつ病があります。産後のメンタルケアとしてはマタニティブルーと産後うつ病を見分けることは重要です。

 

 

マタニティブルーと産後うつ病

日本人では半数以上が経験するとも言われているのがマタニティブルーです。産前、赤ちゃんがお腹の中で成長していくの感じながら幸せに満ちた感覚でいたのに、急に不安感やイライラに襲われるようになるといった症状が見られますが、このマタニティブルーは出産の23日後に引き起こされることもあります。産後うつ病の場合発症はもっと後で、多くは産後数週間から3ヶ月の間です。どちらを発症するにせよこの時期は、非常に母親は不安定な状態ですから、周りの気遣いがとても重要です。

 

症状はあまり変わらない

マタニティブルーは病気ではありませんから特に治療が必要なものではありません。症状はあまりうつ病と変わらず、気分の急激な変調が見られます。産後うつ病も一般的なうつ病と変わらない症状ですので、症状からマタニティブルーと産後うつ病の症状を見分けることは難しいでしょう。

 

一週間と二週間以上

大きな特徴は症状の継続期間です。マタニティブルーの場合は1週間もすれば自然と気持ちが落ち着いていき、症状が見られなくなります。一方二週間以上上記のような症状が見られる場合は産後うつ病が疑われます

 

 

場合によってはマタニティブルーから産後うつ病に移行することもありますので、産後に気分が不安定になっても、「こういうものだ」ととらえるようにした方がいいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014444.php?category=53])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産に関する記事

高齢である程に危険な産後うつ

  出産によってお母さんの体は大きく変化します。体の変化に伴って言葉にできない...

産後うつのお母さんの気持ち

  典型的なうつ病を発症する人の特徴は、責任感が強く、悪く言えば融通が利かない...


「出産」にまつわるうつ病、原因となる引き金 その2

    「出産」にまつわることで、心や体に負荷がかかり、うつ病になる人もたくさん...

産後うつで具体的に見られる症状

  産後うつ病は精神的な症状はもちろんですが、一般的なうつ病と同様に、身体的な...

カラダノートひろば

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る