カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 出産 >
  6. 高齢である程に危険な産後うつ

メンタル

高齢である程に危険な産後うつ

 

出産によってお母さんの体は大きく変化します。体の変化に伴って言葉にできない不安に包まれ、いつのまにか体や心のバランスをくずしてしまい、自分のコントロールができなくなってきます。このような経過をたどって発症するのが産後うつ病です。

 

 

性格的な共通点

産後うつ病は一般的に言われる典型的なうつ病と変わらず、真面目で、努力家で、責任感が強く、自分の仕事を人に任せられない性格の人に多く発症するとされていて、性格的な共通点はよく知られています。イメージとしては一般的なうつ病が会社での仕事を頑張りすぎてしまうのに対して、産後うつ病ではこの仕事が子育てと家事に置き換わるといったところでしょうか。

 

高齢で初産

上記のような性格の共通点に加えて、産後うつは高齢出産で、その上初産の場合になりやすいとも言われています。

高齢…

最近では特に高齢で出産する人も増えていっています。それに伴って高齢での産後うつ病の発病が増えているという見方もあるのですが、一方で高齢で出産する人は比較的社会的に責任のある地位にいることが多いため、上記のようなうつ病発症傾向にある性格的な共通点とも重なるところがあるのかもしれません。さらに高齢になればなるほど母子ともに様々なリスクが出てきます。どうしても出産までの間に「高齢出産だけれど頑張って」「高齢出産なのでこうした危険があります」などと不安になるような言葉をもらうことが多くなることも産後うつ病の発症の一端になると考えられます。

初産…

高齢に限り初産が危険と言うわけではありませんが、2人目以降の出産よりも初産の方が産後うつ病の発症率は少し高くなっています。はじめての出産ですから当然戸惑うこともたくさんありますので、当たり前と言えば当たり前です。また、最初に産後うつ病を発症した場合、2人目以降の出産でも比較的産後うつ病を発症しやすくなります。

 

 

産後うつ病は数週間で回復する人もいればなかなか完治せずに長引いてしまって、子どもの情緒不安定につながるなど、育児に影響が出ることもあります。医師や助産師さん、精神科医と相談し、周りの人も十分にサポートしてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/05/22-347845.php?category=53])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産に関する記事

産後うつで具体的に見られる症状

  産後うつ病は精神的な症状はもちろんですが、一般的なうつ病と同様に、身体的な...

産後うつのお母さんの気持ち

  典型的なうつ病を発症する人の特徴は、責任感が強く、悪く言えば融通が利かない...


マタニティブルーと産後うつを見分ける

  出産に関する精神的な症状と言うとマタニティブルーが一番有名かもしれません。...

産後うつを防ぐために控えるべき言葉「手伝おうか?」

  出産前まではつわりなどでつらい思いをしますが、産後の赤ちゃんのお世話に比べ...

カラダノートひろば

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る