カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 知育 >
  4. 知育玩具の選び方、そのポイントとは?

育児・子供の病気

知育玩具の選び方、そのポイントとは?

 

遊びながら知育教育ができるように設計された知育玩具。けれども間違った選び方をしてしまうと効果は期待できません。ここでは知育玩具を選ぶ時のポイントをまとめてみました。

 

その子の成長に合ったものを選ぶ

難しい知育玩具を早くに与えたからといって、知育教育が早く進むわけではありません。逆に子どもが興味を示さなかったり、うまく遊べずにストレスを感じてしまっては逆効果ですよね。

 

知育玩具を選ぶ時には表示をよく読み、月年齢に合ったものを選ぶようにしましょう。もらいものや中古の知育玩具は元の持ち主によく確認するようにしましょう。

 

子どもが楽しめるものを選ぶ

理想的なのは子どもが夢中になって遊べるものです。ただし、どんなに評判の良いものであっても全ての子どもが気に入るというわけではありません。

 

子どもが興味を示さないようであれば思い切って諦めるのも大切かもしれません。「せっかく買ったんだから」といって無理矢理遊ばせては逆効果です。そうなった知育玩具でも別の子なら気に入るかもしれないので、下の子に取っておいたり誰かに譲るのも良いでしょう。

 

少し時期をずらすと良いかも?

子どもの成長は千差万別ですから、推奨された月年齢にぴったり合致するとは限りません。子どもが興味を示さなかった知育玩具も、少し与える時期を遅らせるとよく遊ぶようになるケースもあるそうです。

知育には絵本もオススメ

「どんな知育玩具を買っていいのかさっぱりわからない!」という方には絵本がオススメです。音が鳴ったりしかけのある「知育絵本」は種類が豊富でいくつあってもあまり場所を取りません。出産祝いのギフトにも良いですね。また、普通の絵本の読み聞かせも知育教育に効果的です。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/22-336934.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知育に関する記事

子どもに与えたい!木のおもちゃが知育によい理由って?

おもちゃ売り場に行くと本当にたくさんの種類のおもちゃが置いてあり、「自分が子...

赤ちゃんから行うバイリンガル教育のメリット・デメリット

子供に習わせたいもので常に上位に来るのが英語です。昨今の国際化の流れから、また...

知育の体験談

子供の個性・・・よそはよそ

ベビーくもんの教室に通い、7か月がたちました。 私たちが通う教室には、もう一組別のママと男の子がい...

食べたら磨こう♪歯磨きイヤイヤ!

生後8ヶ月から、生え始めた息子の歯。 同じ月齢の赤ちゃん達は、息子よりも1ヶ月程早く生え始めていた...

カラダノートひろば

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る