カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 知育ってどんなもの?知育を行うときのポイント

育児

知育ってどんなもの?知育を行うときのポイント

知育とはよく聞きますが、これは具体的にどういったものなのでしょうか?

 

知育教育とは

これは単なる読み書きや計算の能力を高めるというのではなく、「物事を自分で考えられる能力」を高めることを目的としています。より具体的には柔軟な思考力、連想力、論理的思考力、考えを的確に表現する力、創造性などです。

 

IQを高めるため?

知育はIQ(知能指数)を高めると言われています。IQの高い人=天才というイメージですが、「自分で考えることができるような人」を育てることが知育教育の目的と言えるでしょう。

 

そのために子どもが「楽しく・自発的に」考える機会を与えるのが知育教育なんです。

 

どうやってするの?

子どもに無理矢理やらせても知育教育の意味はありません。あくまで子どもが興味を持ち、楽しんでやることが必要です。

知育教育に使われる教材も小難しいものというわけではなく、「考える力を育むオモチャ」なんです。「考えること=楽しいこと」と子どもが思ってくれるのが知育教育の成功と言えるでしょう。

 

知育教育のポイント

知育教育をするためには、

  • ・知育教室に通う
  • ・知育教材を使う
  • ・家庭の工夫で教育をする

などの方法がありますが、全てに共通するポイントは

 

  • ・否定しない

・子どもが思い通りにできなくても、否定するようなことはしてはいけません。

  • ・比較しない

・他の子どもと比べたり、順位付けするようなことはしてはいけません。

  • ・子どもを受け入れる

 …などなど、子どもの自主性を尊重するようにしましょう。

 

端から見て子どもがただ遊んでいるように見えても大丈夫です。

遊びの中から考える力を育てるのが知育教育。大人は子どもの自主的な興味・関心を促し、活動をサポートしてあげるのが大切なんですね。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/10/14-351532.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知育に関する記事

子どもに与えたい!木のおもちゃが知育によい理由って?

おもちゃ売り場に行くと本当にたくさんの種類のおもちゃが置いてあり、「自分が子...

赤ちゃんは言葉をいつからしゃべる?言葉を理解するのはいつ?発達を促すためにできること

赤ちゃんの言葉の発達は、身体の発達に比べて遅く、個人差が大きいです。「あー・...

知育の体験談

子供の個性・・・よそはよそ

ベビーくもんの教室に通い、7か月がたちました。 私たちが通う教室には、もう一組別のママと男の子がい...

食べたら磨こう♪歯磨きイヤイヤ!

生後8ヶ月から、生え始めた息子の歯。 同じ月齢の赤ちゃん達は、息子よりも1ヶ月程早く生え始めていた...

カラダノートひろば

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る