カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 尖圭コンジローマ >
  5. 尖圭コンジローマを防ぐには?感染予防策と治療法

気になる病気・症状

尖圭コンジローマを防ぐには?感染予防策と治療法

 

尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによって感染する性病です。

性病である、淋病やクラミジア、ヘルペスに次ぐ感染報告がされており、性行為を行った人であれば誰でも感染する恐れのある感染症なのです。

では、この尖圭コンジローマを予防することはできないのでしょうか?

 

性病の場合、コンドームの使用などで感染を防いだりすることができることもありますが、この尖圭コンジロームにいたっては、それは不可能なこととなります。

イボができる部位は陰部付近や肛門付近であり、患部が広範囲であるため、コンドームを着用しても感染を防ぐことができないからです。

 

しかも、潜伏期間が3週間~8ヶ月となっており、症状も進行具合も人それぞれ違うために、感染したことに気づかずに、性行為で感染を拡大させている恐れもあります。

性行為関係にあるパートナーが特定で期間が長いのであれば、他からの感染がありませんのでその二人の間での感染はありませんが、短期間で不特定多数の人と性行為がある人は、感染の可能性が十分に考えられますので注意が必です。

 

感染予防対策としては

尖圭コンジローマの感染を予防する対策としては、不特定多数との性行為を控えることしかありません。

感染を拡大させないためには、症状を見逃さず早期に治療することです。

潜伏期間が人それぞれで、症状も様々であるため感染を見逃してしまうことも多い病気ですが、イボは必ず症状として現れるものです。

イボを発見したら早期に受診し治療を行うようにしましょう。

 

治療は塗り薬と外科的治療の2つになります。

初期段階で症状が軽ければ塗り薬で治ってしまいますので早期発見、早期治療が大切です。保険も適用されますので費用は約5000円~8000円程度です。

 

性行為を行えば誰でも感染する恐れのある病気ですから、性病だからと恥ずかしがって治療を行わず放置するのではなく、早めの治療を行えるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130901270post-3313.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尖圭コンジローマに関する記事

放置は危険!尖圭コンジローマを放置したときのリスク

  尖圭コンジローマとは、陰部周辺や肛門周辺に様々な形と色のイボができる疾患です...

性行為で感染する!痛くないイボができたら尖圭コンジローマ!?

    尖圭コンジローマは、クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウ...


性器のトサカに要注意!尖圭コンジローマ!

     尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスの感染によって生殖器周...

カラダノートひろば

尖圭コンジローマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る