カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 尖圭コンジローマ >
  5. 放置は危険!尖圭コンジローマを放置したときのリスク

気になる病気・症状

放置は危険!尖圭コンジローマを放置したときのリスク

 

尖圭コンジローマとは、陰部周辺や肛門周辺に様々な形と色のイボができる疾患です。性行為で感染する性病であり、クラミジアや淋病などに次ぐ感染件数が報告されています。

 

イボができる以外は特に変わった症状なども見られず、痛みや痒みを伴うこともありますが、たいしたことは無いのでそのまま放置されているケースが多いようです。

 

尖圭コンジローマを放置した時のリスク

尖圭コンジローマは痛みや痒みといった症状も軽く、イボができるだけなので病院へ行くことに抵抗を感じたりすると、そのままの状態で放置してしまうことがあります。

 

しかし、そのまま放置してたら治療は行えませんので、感染状態が続くこととなります。当然性行為を行えば相手に尖圭コンジローマを移してしまうことになりますし、感染を拡大させる原因ともなってしまいます。

 

尖圭コンジローマに感染してイボができるのは感染してすぐではなく、潜伏期間が3週間~8ヶ月程度ありますので、イボという症状が出る前であれば気がつかずにいても仕方がありません。

 

しかし、尖圭コンジローマの疑いがあったり病院で診断してもらったのならば、性行為の相手であるパートナーにもそのことを報告し、病院で治療をしてもらうようにしなければなりません。

 

また、尖圭コンジローマは進行や症状に個人差があるとはいえ、治療をせずに放置しておいたのでは当然症状は悪化し、イボの量が増えたり患部が広がる可能性もあります。

 

悪性型のウイルスが潜んでいる可能性も?

尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することで発症します。このHPVには良性型と悪性型がありますが、尖圭コンジローマの場合、主に良性型のウイルスによるものだとされています。

 

しかし尖圭コンジローマに感染した人の中から、悪性のHPVが同時に発見されたという例もあります。男性であれば「陰茎がん」、女性であれば「子宮頸がん」を引き起こす原因ともなってしまいますので、十分な注意が必要です。

 

 

感染拡大やがんの原因を防ぐためにも、尖圭コンジローマの疑いがあった場合は早急に病院を受診し、治療を行うようにしましょう。

(Photo by: [//www.pakutaso.com/]) 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尖圭コンジローマに関する記事

性器のトサカに要注意!尖圭コンジローマ!

     尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスの感染によって生殖器周...

性行為で感染する!痛くないイボができたら尖圭コンジローマ!?

    尖圭コンジローマは、クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウ...


尖圭コンジローマを防ぐには?感染予防策と治療法

  尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによ...

カラダノートひろば

尖圭コンジローマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る