カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 不眠症 >
  6. 不安をかきたてる不眠症

メンタル

不安をかきたてる不眠症

 

不眠症が原因となってうつ病を発症することもあります。不眠症とひと口に言うとまったく眠れない印象を受けるかもしれませんが、不眠症とはいわば睡眠障害のことと同義に言われることが多く、寝つきが悪い、眠りが浅い、寝すぎてしまう、早く起きてしまうといった症状が見られ、大きく言えば正常な睡眠から外れた睡眠のことを指します。

 

 

睡眠障害の憂鬱

特に寝つきが悪かったり、眠りが浅く睡眠の途中で起きてしまうと言った症状を抱えている人は、睡眠に対してよいイメージを持てなくなっていきます。「眠りたいのに眠れない」「また今日も眠れないのではないかと不安」こうした漠然とした、睡眠に対する不安がどんどん大きくなっていって余計に憂鬱な気分になり、余計に眠れなくなるのです。だんだんと切羽詰ってくると表現しても良いかもしれません。

 

本来は休むための睡眠なのに

睡眠をとることは本来は脳と体を休ませるためのものです。しかし睡眠に不安を抱えている状態では寝ている間であっても十分に脳と体を休ませることはできません

 

不眠が続くと

睡眠が十分でない状態が続くことは、余計に「もう寝ないとまずい」といった思考を生むことになり余計に追い詰められていきます。こうした不安の繰り返しでどんどん心を消耗していき、最終的にエネルギーが尽きてうつ病を発症していたという事態になるのです。うつ病に移行していく過程で単純な不安感以外に、眠れないことに対する自責の念や自分で自分をコントロールできていないことに対する失望を感じるようになっていきます。

 

 

一般的に睡眠障害の治療を受けてもなかなか症状がよくならないといったときにうつ病が隠れていることを疑い始めます。二週間以上症状が続くようであれば病院を受診することをお勧めします。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/30-349818.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

相互的に悪影響を及ぼす?!「不眠症」と「うつ病」の悪循環

  うつ病の症状のひとつに不眠症があります。不眠症の症状がうつ病患者の多くに見...

うつ病からくる不眠症の特徴

  うつ病に伴う不眠症は、寝つきの悪さを感じる不眠症よりも朝早く起きてしまう早...


うつ病のつらい原因、不眠症をやわらげるためのアロマセラピー

  つらいつらい不眠症。いろんな配合で、いろんな方向からアロマセラピーをご紹介...

うつ病の原因となる不眠症対策、効果があった声まとめ

  睡眠薬や、食事療法や、光療法、不眠症対策はいろいろありますが、実際に効果が...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る