カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 自立支援医療制度の「負担上限金額」と「高額治療継続者」とは~うつ病と心臓の病気の関係性~

メンタル

自立支援医療制度の「負担上限金額」と「高額治療継続者」とは~うつ病と心臓の病気の関係性~

 

継続的なうつ病の治療に対して、治療費を国が負担してくれる制度が自立支援医療制度です。これは障害者自立支援法に基づいて定められている制度なのですが、治療が長期にわたることの多い精神疾患の治療費負担を国が軽くしてあげて社会復帰や自律した生活を促してあげようという趣旨のものです。

 

3割負担が1割負担になる

通常、健康保険を使って治療費を支払うと3割負担になりますが、自立支援医療制度を使って支払うと1割負担になります。それ以外にも世帯単位での月あたりの上限負担額も設定されています。

 

負担上限金額

一定所得以下の世帯の1ヶ月あたりの上限負担額は以下の通りです。

生活保護世帯…0円

住民税非課税世帯(本人収入が80万円以下の場合)…2500円

住民税非課税世帯(本人収入が80万円以上の場合)…5000円

 

中間所得あるいは一定以上の所得を得ている世帯の1ヶ月の上限負担額は以下の通りです。

【市民税が2万円未満】

…通常は上限設定なし、高額治療継続者は5000円

市民税が2万円以上20万円未満

…通常は上限設定なし、高額治療継続者は10000円

市民税が20万円以上

…通常は対象外、高額治療継続者は20000円

 

高額治療継続者とは?

高額治療継続者とは疾患が重度で、かつ継続的に治療を受けている人のことを指します。これにあたるのは、まずは医療保険の多数該当の人の場合で、

疾患の種類に関わらず高額な費用負担が継続する人です。

 

また、疾患の種類によっても該当する場合があります。

該当の疾患は統合失調症や躁うつ病、うつ病、てんかん、認知症などの脳機能障害、薬物依存などの薬物関連の疾患です。

 

他にも、3年以上の精神医療の経験を有する医師によって情動および行動の障害・不安および不穏状態といった病状を占める精神障害のために計画的、集中的な通院医療(改善だけでなく状態の維持、悪化予防も含む)を継続的に要すると診断された場合が該当します。

 

こうしたものを知っていると、金銭的な悩みを治療に持ちこむことがなくなりますから、治療における不安も軽減し治療効果も変わってきます。

 

うつ病で休職したいときに必要な手続き書類、休職の流れを知ろう

うつ病では、安静をするために会社を休まなければならないこともあります。会社を休職するときの書類、必要な手続きを見てみましょう。

 

休職申請に必要な書類

一般的に休職申請に必要な書類は2種類あります。休職願と医師からの診断書です。

ただし、医師からの診断書については、会社から請求があった場合に提出となっています。

事前に産業医などに相談して、医師からの診断書を請求されるケースが多いかどうかを聞いてみてもよいでしょう。

休職願は、多くの会社で様式を用意していますが、ない場合には、インターネットなどでテンプレートをダウンロードしてみてください。

 

書類提出の前に上司に相談を

いきなり休職願を提出するよりも、まずは直属の上司に休職の意志を相談することがお勧めです。

今までの休職事例や詳しい手続き、流れなどを教えてくれますし、直属の上司の了承があるとないとでは、やはり了承があった方がスムーズに進みます。

実際の休職願の手続きは、労務人事課などで行われることが多いので、上司に相談したうえでこれらの課に必要書類を出しましょう。

 

傷病手当金の手続きも忘れずに

うつ病で休んでいる間の生活の保障が、傷病手当金というものです。会社はなんらかの健康保険組合に入っているので、その健康保険組合窓口に書類を提出します。

具体的には、健康保険傷病手当金請求書というものを、月に1回提出する形です。大体の目安ではありますが、今までのお給料の6割くらいが、傷病手当金となります。

 

正社員ではなく派遣社員・契約社員の場合には、休職そのものが出来ず、その会社では派遣終了・契約終了扱いとなります。

ですが、派遣会社の健康保険への加入歴が2か月以上であれば、傷病手当金はもらえますので、傷病手当金の手続きをしましょう。

 

うつ病では住宅ローンを組めない?

うつ病の治療中、健康保険や生命保険への加入は原則できません。ではうつ病の診断を受けた状態で住宅ローンを組めるのでしょうか?うつ病が住宅ローンを組む際に不利になることはあるのでしょうか?

 

ローンを組む際に考えるべき点を見ていきましょう。

 

住宅ローンと健康状態に関係はない

住宅ローンを利用する際に、「うつ病だから住宅ローンは組めません」という制限はありません。しかし、それでもうつ病の状態で住宅ローンを組むには制限があります。

 

民間金融機関の住宅ローンは難しい

民間金融機関の住宅ローンを組む際には、だいたい「団体信用生命保険」への加入が必須事項になります。しかし、うつ病の場合、持病があると言うことで生命保険への加入ができないため、必須事項を満たせずに住宅ローンが組めないということが多いのです。

 

生命保険加入が必須事項ではないローンを選ぶ

団体信用生命保険への加入が必須ではない住宅ローンもありますので、ローンを組むとしたらそちらでしょう。ただし、注意するべき点があります。それは債務が引き継がれることです。

団体信用生命保険への加入をしない場合、ローンを組んでいる本人に不幸があった場合は、残りの債務が遺族に引き継がれます。もし、うつ病になる前に生命保険に入っていれば、債務をカバーできるかもしれません。その点も含めて検討が必要です。 

 

うつ病であるからと言って住宅ローンを組めないわけではありません。しかし、選択肢は限られます。あらゆる可能性を考え、準備を万全に整えた上で決断をしましょう。

 

うつ病と心臓の病気の関係性

かなり以前から、うつ病の方と心臓病に何らかの関係があるのではないかと言われていましたが、1990年代から、うつ病と虚血性心疾患との合併、あるいは予後調査の疫学研究が積極的に進められるようになりました。

その結果、明らかなリスクの高さが立証され、他の危険因子とは独立した「増悪危険因子」として認識されるようになりました。

 

虚血性心疾患とは

* 狭心症

* 心筋梗塞

* 無症候性心筋虚血

……があり、どれも心臓の冠動脈の動脈硬化・血管の狭窄・血栓形成あるいは攣縮によって、心筋への血流不全をきたす、命をおびやかす病気です。

 

うつ病については気分・感情の障害と同時に様々な自律神経系の身体症状が現れることが知られています。

ある大学病院の心療内科を受診している「うつ病」患者140名の身体症状を調べたところ、うつ病特有の症状といわれる「睡眠障害」「易疲労感」「食欲不振」以外に以下のような症状が確認されたそうです。

 

* 動悸(16.4%)

* 胸部不快感(11.4%)

* 胸痛(3.6%)

* 呼吸困難(3.6%)

 

数字だけ見ると大した事ないようにも見えますが、うつ病患者の場合虚血性心疾患の発症率はそうでない方の1.15~3.9倍という結果が出ており、その死亡率の高さも2.59倍とされています。

 

その上、うつ病が発症した場合、その治療薬の副作用や、心疾患治療薬との併用が難しい場合もあり、心疾患治療が難しいという難点もあるようです。

 

うつ病になると、生命保険に加入できないとされていますが、その理由のひとつに合併症の治療困難があるようです。

 

うつ病からのリワーク~復職支援制度とは?

うつ病を発症すると、多くの場合はそれまでと同じ生活を継続することが困難になります。

 

特に心理的にも金銭的にも負担になるのは、仕事を休職することです。そしてうつ病から回復したとしても、復職にはまた様々な困難があることが多くあります。

  

復職支援制度

復職支援は様々な団体が行っていますが、その中でもハローワークが復職を支援するために行っている復職支援制度があります。こうした制度を活用することで復職に関する悩みが大きく軽減するでしょう。

 

復職の難

全ての人がうつ病に関して正しい理解をしているわけではありません。もし周囲の人が正しい理解をしてくれていても、会社に復帰するということはそれ自体が本人に負担のかかることであり、つい自分の精神の限界以上に頑張ってしまって自分に負担をかけてしまいます。

 

そうして復職しても、すぐにうつ病が悪化してまた休職してを繰り返して、周りに指摘される以前に、自分の心が折れてしまうということがあります。

 

仲介人をしてくれる心強さ

ハローワークが行う復職支援では、会社と本人の間に仲介人が入って、スムーズに話を進めてくれます。第三者が入ってくれるだけで安心感があります。

 

治っていなくても職に就く

うつ病の場合、完治していなくても障害者年金をもらいながら働くと言った選択肢もあります。どういった形で会社に復職するかといった選択をする上でも、仲介人に相談できるというだけで心強い制度です。

 

地方によって様々

ハローワークが行う復職支援制度は、地方によってかなりばらつきがあります。そもそもこの支援制度自体を設けていない自治体もありますし、どちらかというと都市部でなければ、満足な仕事を探せない傾向もあるよいです。

 

うつ病になる人はまじめな人が多いため、遠慮したり、自分でやらなければという責任感が強かったりして申請しない場合もあります。しかしそれが完治の邪魔になることが多くありますので、変な遠慮をせず活用しましょう。

 

仕事に復帰する意欲が大事!うつ病の回復とその後の行動について

■タイミングが重要な仕事復帰

順調に治療が進み、いわゆる「回復期」に入ると、勤めている人であれば、そろそろ会社に復帰するかどうかを検討することにあります。

 

ただ、すっかり回復したかどうかの見極めが難しいうえに、再発の可能性を考えると復帰のタイミングは、医師もかなり慎重になります。

 

見極めるのはもちろん主治医ですが、家族も本人の家での様子について主治医にきちんと伝えることも大切です。主治医はそうした情報も得ながら、その時期を判断します。

 

復帰の前提としては、まず本人が仕事に復帰する意欲を持っているかどうかです。さらに重要なことが、本人が仕事にどれだけ耐えられるかという判断です。

仕事の負担に耐えられる程度に十分に体力や精神力が回復して、なおかつその状態が安定して続いていれば、復帰の時期がきたと考えられます。現実的には、1人で通勤できるかどうかもひとつの目安になります。

 

ただし、たとえ本人が復帰に意欲を示しても、十分に回復していないのに「長く休んでしまって、みんなに迷惑をかけたから」「早く復帰しないと社内で不利になるから」と思って復帰を急ぐ人がいることです。むしろ回復が不十分な時期の方が復帰を焦る気持ちが強くなるものです。

仕事の遅れを早く取り戻したいという気持ちが焦りの気持ちを募らせてしまうのです。

このような状態で復帰させれば、再発の危険はかなり高くなってしまいます。

本人に焦りの気持ちがあると思える場合には、たとえ本院は復帰の意欲があっても復帰させるのは考え物です。復帰にあたっては次のようなことに注意します。

 

■適応の順序

・はじめは「慣らし運転」のつもりで

職場に復帰すると、遅れた分を取り戻そうと思い、ついがんばってしまいがちです。くれぐれもそのような考え方はしないようにして、ゆっくりと時間をかけて適応していきます。

 

・何事も「ほどほど」に

まじめな人ほど仕事に一生懸命になってしまいますが、復帰後は完ぺき主義を捨てて、何事も「ほどほど」にという姿勢が大切です

 

・常に心に余裕を

なんでも完全を目指すと心も体も余裕がなくなります。常に余裕を持って生活するようにします。

 

・考え方をプラス思考に

うつ病になったときは、どうしても「悪いほうへ悪いほうへ」と考える、いわゆるマイナス思考に陥りがちでしたが、これからは意識的に何事も「よいほうへよいほうへ」と考え、プラス思考をするようにしましょう。

 

・早く注意信号に気付く

一度うつ病を経験していますから、症状についてはよくわかっているはずです。下痢や頭痛、胃痛、不眠など、またストレスを強く感じたと思ったら、それ以上がんばらないようブレーキをかけます。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2013/01/30-375818.php?category=29])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつ病に関する記事

できない事を責めないで~気付きにくい女性特有のうつの原因~

うつ病には男性と女性で、ある程度パターンの違いがあります。   男性の発...

天然のサプリメントは大豆イソフラボン!

  大豆イソフラボンと聞くと、美容に効果があるのではないかと思われがちです...


意欲低下は食生活から起こりやすい!? こんな思考や行動がうつ病を引き起こす!

うつ病は、脳内のセロトニンという神経伝達物質の働きが鈍くなることで起こります...

うつ病を悪化させる原因となる生活習慣や食生活

  気分屋、パニック症状、怒り行動、そんな特徴をもつ新型うつ病。脳の血流量の悪...

カラダノートひろば

うつ病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る