カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. その他 >
  5. 支援制度 >
  6. 自立支援医療制度の「負担上限金額」と「高額治療継続者」とは

メンタル

自立支援医療制度の「負担上限金額」と「高額治療継続者」とは

 

継続的なうつ病の治療に対して、治療費を国が負担してくれる制度が自立支援医療制度です。これは障害者自立支援法に基づいて定められている制度なのですが、治療が長期にわたることの多い精神疾患の治療費負担を国が軽くしてあげて社会復帰や自律した生活を促してあげようという趣旨のものです。

 

 

3割負担が1割負担になる

通常、健康保険を使って治療費を支払うと3割負担になりますが、自立支援医療制度を使って支払うと1割負担になります。それ以外にも世帯単位での月あたりの上限負担額も設定されています。

 

負担上限金額

一定所得以下の世帯の1ヶ月あたりの上限負担額は以下の通りです。

生活保護世帯…0

住民税非課税世帯(本人収入が80万円以下の場合)…2500

住民税非課税世帯(本人収入が80万円以上の場合)…5000

 

中間所得あるいは一定以上の所得を得ている世帯の1ヶ月の上限負担額は以下の通りです。

市民税が2万円未満

…通常は上限設定なし、高額治療継続者は5000

市民税が2万円以上20万円未満

…通常は上限設定なし、高額治療継続者は10000

市民税が20万円以上

…通常は対象外、高額治療継続者は20000

 

高額治療継続者とは?

高額治療継続者とは疾患が重度で、かつ継続的に治療を受けている人のことを指します。これにあたるのは、まずは医療保険の多数該当の人の場合で、

 

疾患の種類に関わらず高額な費用負担が継続する人です。

 

また、疾患の種類によっても該当する場合があります。

該当の疾患は統合失調症や躁うつ病、うつ病、てんかん、認知症などの脳機能障害、薬物依存などの薬物関連の疾患です。

 

他にも、3年以上の精神医療の経験を有する医師によって情動および行動の障害・不安および不穏状態といった病状を占める精神障害のために計画的、集中的な通院医療(改善だけでなく状態の維持、悪化予防も含む)を継続的に要すると診断された場合が該当します。

 

 

こうしたものを知っていると、金銭的な悩みを治療に持ちこむことがなくなりますから、治療における不安も軽減し治療効果も変わってきます。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/30-375818.php?category=29])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

支援制度に関する記事

国や自治体で社会復帰を支援する制度

  うつ病になると普通の生活を送ることが困難になってきます。仕事も休まなければ...

うつ病で休職したいときに必要な手続き書類、休職の流れを知ろう

うつ病では、安静をするために会社を休まなければならないこともあります。会社を休...


仕事に復帰する意欲が大事!うつ病の回復とその後の行動について

■タイミングが重要な仕事復帰順調に治療が進み、いわゆる「回復期」に入ると、勤めて...

うつ病などの治療費の一部を国が負担!自立支援医療制度とは

  うつ病の治療は多くの場合長期間にわたります。そのため仕事ができなくなって生...

カラダノートひろば

支援制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る