カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. その他 >
  5. 支援制度 >
  6. うつ病からのリワーク~復職支援制度とは?

メンタル

うつ病からのリワーク~復職支援制度とは?

うつ病を発症すると、多くの場合はそれまでと同じ生活を継続することが困難になります。

 

特に心理的にも金銭的にも負担になるのは、仕事を休職することです。そしてうつ病から回復したとしても、復職にはまた様々な困難があることが多くあります。

  

復職支援制度

復職支援は様々な団体が行っていますが、その中でもハローワークが復職を支援するために行っている復職支援制度があります。こうした制度を活用することで復職に関する悩みが大きく軽減するでしょう。

 

復職の難

全ての人がうつ病に関して正しい理解をしているわけではありません。もし周囲の人が正しい理解をしてくれていても、会社に復帰するということはそれ自体が本人に負担のかかることであり、つい自分の精神の限界以上に頑張ってしまって自分に負担をかけてしまいます。

 

そうして復職しても、すぐにうつ病が悪化してまた休職してを繰り返して、周りに指摘される以前に、自分の心が折れてしまうということがあります。

 

仲介人をしてくれる心強さ

ハローワークが行う復職支援では、会社と本人の間に仲介人が入って、スムーズに話を進めてくれます。第三者が入ってくれるだけで安心感があります。

 

治っていなくても職に就く

うつ病の場合、完治していなくても障害者年金をもらいながら働くと言った選択肢もあります。どういった形で会社に復職するかといった選択をする上でも、仲介人に相談できるというだけで心強い制度です。

 

地方によって様々

ハローワークが行う復職支援制度は、地方によってかなりばらつきがあります。そもそもこの支援制度自体を設けていない自治体もありますし、どちらかというと都市部でなければ、満足な仕事を探せない傾向もあるよいです。

 

 

うつ病になる人はまじめな人が多いため、遠慮したり、自分でやらなければという責任感が強かったりして申請しない場合もあります。しかしそれが完治の邪魔になることが多くありますので、変な遠慮をせず活用しましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

支援制度に関する記事

国や自治体で社会復帰を支援する制度

  うつ病になると普通の生活を送ることが困難になってきます。仕事も休まなければ...

うつ病で休職したいときに必要な手続き書類、休職の流れを知ろう

うつ病では、安静をするために会社を休まなければならないこともあります。会社を休...


仕事に復帰する意欲が大事!うつ病の回復とその後の行動について

■タイミングが重要な仕事復帰順調に治療が進み、いわゆる「回復期」に入ると、勤めて...

うつ病などの治療費の一部を国が負担!自立支援医療制度とは

  うつ病の治療は多くの場合長期間にわたります。そのため仕事ができなくなって生...

カラダノートひろば

支援制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る