カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 寝言 >
  4. 【睡眠時無呼吸症候群】疾患からくる寝言【ナルコレプシー】

不眠・睡眠障害

【睡眠時無呼吸症候群】疾患からくる寝言【ナルコレプシー】

 

寝言は睡眠障害などの疾患を伴わない、いたって健康な人にもあらわれるものです。寝言を言っているからと言ってすぐにストレスがたまっているだとか不眠症だとかいった結論に至るわけではありません。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の寝言

中高年に多く見られる睡眠時無呼吸症候群ですが、この症状のひとつに寝言があります。寝言と言ってもうめき声やあえぎ声、ブツブツと言った聞き取りにくい寝言などのことが多く、はっきりと言葉を話している寝言とは違います。特に寝言にいびきが伴うと睡眠中に気道の一部が狭くなって閉塞してしまう状態を繰り返す睡眠時無呼吸症候群が疑われます。また睡眠中に一定時間以上呼吸が止まる症状が見られたらこの可能性が高いです。

 

ナルコレプシーの寝言

ナルコレプシーという病気はあまり聞いたことがないかもしれません。ナルコレプシーとは昼間の居眠りが問題となる疾患で、寝てはいけないような場面でも突然強烈な眠気に襲われて数分から数十分寝てしまうと言った症状のある疾患です。ナルコレプシーの場合、夜の睡眠は寝つきは非常によいのですが、2時間程度で目が覚めるといった睡眠で、浅い眠りが継続するために寝言がよく聞かれます寝言の内容は感情的なものが多く、眠りが浅いために夢を伴うことが多くあります

 

こうした寝言は一つの症状として現れるものですので、寝言をどうにかおさめようという対処は必要ありません。むしろ寝言をきっかけにして他の症状を注意深く観察し、原因となっている疾患を見つけることが大切です。

 

 

普段から寝言を言っている場合はあまり問題がないケースが多いです。「普段と様子が違うな」「最近よく寝言を言うようになったな」といったことを感じたら気にしてみるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/30-366331.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寝言に関する記事

ナルコレプシーの寝言の特徴とは?

  睡眠障害のひとつにナルコレプシーという疾患があります。ナルコレプシーとは昼...

子供の寝言は大人よりも多いって本当?

子供を育てていると、子供の考え方や行動にびっくりすることも多いかもしれません。...


子どもに多い夜驚症とは?

  子どもは比較的大人よりも寝言が多いとされています。子どもの寝言は成長過程の...

激しい寝相、寝言で叫ぶ人は睡眠障害の可能性大!

  同室で寝ているパートナーの寝言がうるさい、寝相がひどいと悩んでいる方も...

カラダノートひろば

寝言の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る