カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 金縛り >
  4. 金縛りの息苦しさはなぜ起こる?

不眠・睡眠障害

金縛りの息苦しさはなぜ起こる?

しばしば金縛りと共に息苦しさを覚える人がいます。こうした現象が実際に多くの人に体験されているからか、金縛り=心霊現象という印象がついてしまったのかもしれませんが、実は科学的に説明ができるものです。

  

金縛りで起こる息苦しさ

金縛りと共に見られる自覚症状の一つが息苦しさで、息がしづらいというものから、息ができないというひどいものまでありますし、時には胸の痛みまで伴って自覚されることがあります。

 

息苦しさの原因は?

こうした息苦しさの原因は血圧や心拍の急激な変動です。レム睡眠のときは体の筋肉が弛緩して体を動かせなくなるという特徴があります。これと共に特徴的なのが血圧や心拍数の急激な上昇と下降で、これには自律神経が関わっています。

 

こうした激しい変動は、循環器系の疾患を持っている人にとってはかなり危険な症状と言われるほどのもので、当然レム睡眠時に発症する金縛りの際にもこれが見られます。

 

恐怖心が息苦しさを増幅させる

金縛りの際の血圧と心拍の乱れは、レム睡眠によって引き起こされる自律神経の変調からスタートするかもしれませんが、それを増強しているのは金縛りの恐怖と考えられます。

 

つまり金縛りを心霊現象と思い込み、恐怖感を感じることで簡単に心拍数が上がってしまい、その心拍数の増加によってより一層恐怖心を感じて心拍数が上がっていくというサイクルです。

 

筋肉が動かないから

レム睡眠中は筋肉が弛緩して動きませんから、呼吸をするときに動かす横隔膜といった筋肉も動きません。そのため自分の意志で呼吸をすることができないどころか、それをしようとすると胸の痛みを感じることもあります。

 

ではこのときの呼吸は何によってなされているのかというと、自律神経によってなされているのです。自律神経は人の気分などに大きく左右されますから、自分の意思に関係なくほぼ自動的に息苦しさを感じるようになるのです。

 

 

この仕組みを分かっていれば恐怖心から心拍数があがることはありません。恐怖を感じていなくても息苦しさを感じることはありますが、そのときの自分の呼吸のリズムを把握し、意識するだけでもずいぶん違うようです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

金縛りに関する記事

金縛りは正常な睡眠?

  一般的には金縛りという言葉が浸透していますが、これは実は俗語で医学的には睡...

心霊体験?金縛りでみる幻覚の原因

  人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2つの繰り返しで構成されていて、夢を見た...


金縛りは幽霊の仕業?

  眠っていて目が覚めたのに体が動かない、足元から何かが体の上にのしかかっ...

金縛りで感じる強烈な体の痛み

  金縛りの状態のとき、人は意識がはっきりしているように感じていますが実際は半...

カラダノートひろば

金縛りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る