カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 目覚め >
  4. 起床障害 >
  5. 緊張や睡眠不足・・・病気でなくても起こる起床障害

不眠・睡眠障害

緊張や睡眠不足・・・病気でなくても起こる起床障害

 

睡眠に関するトラブルは様々あると思います。夜の寝つきが悪いというのも深刻なトラブルですが、朝起きられないというのも社会的に生活するときには非常に深刻なトラブルになりかねません。

 

 

原因1 睡眠不足

朝起きられない原因として最も一般的で、多いのがこの睡眠不足です。仕事が忙しくて睡眠時間を削ったり、若いからと言って無理をして寝ないでいたりすることが長期間続くと、睡眠時間が極端に少なくなり、日中にも支障が出るようになります。こうした単純な睡眠不足は、病的というよりは単純に不足しているということですので、自分に必要な時間だけしっかりと眠ることで解決できます。

 

原因2 不規則な生活習慣

起床障害の原因として睡眠不足と共に多いのがこの生活習慣の乱れです。夜遅くに明るい場所に出かけるだけでも体内で睡眠ホルモンが減少しますし、本来眠らない時間に長時間居眠りすることでも睡眠のリズムがくずれます。また、食事に関しても深夜に消化の悪いものを食べたり、深酒をしたりしても睡眠に支障が出ます。これも病的なものではなく、生活習慣を変えることで改善できます。

 

原因3 緊張

強いストレスにさらされた状態が続くと、それによって寝ている時でも心や体の緊張がとれずに夜中何度も目が覚めてしまったり、眠りが浅くなったりすることがあります。ストレスによって脳に覚醒作用のあるアドレナリンが必要以上に出てしまい、脳が落ち着けないのです。それによって起床に支障が出ます。ストレスによって病気を発症することはありますが、病気を発症していなくても睡眠に支障が出ることはあります。

 

 

これらは病的な原因ではありませんが、病的な原因に発展するタネのようなものです。この時点で症状が見られるのであればそれを改善するようにしていくといいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/29-028529.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

起床障害に関する記事

起床障害の原因あれこれ

  朝起きられなくなることの原因は非常に多岐にわたります。日頃の睡眠の仕方が原...

どうしても起きられない…起床障害とは?

  睡眠障害の代表格と言えば、入眠障害や中途覚醒などです。入眠障害は、眠り...


起床障害の原因となる疾患

  睡眠障害の一つに起床傷害があります。朝起きられないというと単なるなまけのよ...

現実逃避型の起床障害とは

朝起きるべき時刻に起きることができないというと、単なるなまけやだらけによってそ...

カラダノートひろば

起床障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る