カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 免疫 >
  5. 抗癌剤の副作用に負けないために自己免疫力の向上を!

ガン・悪性腫瘍

抗癌剤の副作用に負けないために自己免疫力の向上を!

     

悪性の腫瘍(がん)が見つかると、大概はその治療として化学療法である抗がん剤の投与を検討するはずです。

 

しかし、この抗がん剤の使用は、がん細胞への効き目はかなり期待できるものの、その反面、体内の健康な細胞にまで悪影響を及ぼし、使用者に様々な副作用による苦痛をもたらします。

 

癌細胞は、もともとは自分自身の正常な細胞が、何らかの異変を生じて癌細胞となるものです。ですから、癌細胞を攻撃すると同時に、自身の健康な細胞にも何らかの悪影響を及ぼすことが多々あります。

 

薬は、本来その使い方によって毒にも成り得るものです。

その作用と副作用の割合で、疾病に対して有用か有害かを判断し採用に踏み切るわけですが、抗がん剤の場合は、その作用と副作用が極めて微妙な割合で成り立っていると言えます。副作用が多いにもかかわらず、生命維持を優先するために、使用せざるを得ない状況だとも言えるでしょう。
 
その主な副作用としては次のようなものがあります。 

 

1.  吐き気・嘔吐
2.  発熱
3.  血圧低下
4.  全身倦怠感
5.  食欲不振
6.  下痢
7.  口内炎
8.  骨髄機能抑制(貧血・白血球減少・血小板減少)
9.  脱毛
10. 皮膚の角化や色素沈着
11. 手足のしびれ・むくみ
12. 肺炎
13. 膀胱炎

 

このような酷い副作用に対して、あまりの辛さに治療に対する意欲を失うと、精神的にもうつ状態となってしまう場合もあります。

 

新薬の開発によって、副作用の少ない抗がん剤も増えてはいますが、それはあくまでも従来の抗がん剤の副作用よりも症状が軽いというだけで、辛いという事実には変わりはないようです。

 

その副作用に対応する対策の一つとして自己免疫力を高め、がんの進行を抑え、副作用を最小限に抑えるという方法が今注目されています。

 

症状にあった漢方薬を服用したり、腸内細菌を活性化させるようなサプリメントを用いたり、ヒーリング効果を取り入れたりと、最近では様々な試みが行われています。

 

治療中にできるだけ心的ストレスを溜めない、もしくは排除していくように心がけ、自己免疫力の向上に努めてみましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

免疫に関する記事

将来悪性腫瘍は免疫で予防できる?悪性腫瘍と腫瘍免疫の研究最新動向

      免疫とは、人間が本来備え持っている防御反応の一つで、人体に最近や異...

治療中の免疫力を保つためのおすすめの食べ物って?食べて免疫力を高めよう

  免疫力はガン治療中の人にとっては大きな課題となります。ガンの標準治療である...


悪性腫瘍に対する先進医療 副作用が少なく、体に優しい治療法

      従来、コーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれるカフェインは、体調の悪...

がん治療はめざましい勢いで進歩しているのを知っていますか?現代ではがんは治せます!

  がんイコール死の病、と恐れられているがん。 その理由は、がん細胞の能...

カラダノートひろば

免疫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る