カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 病院 >
  5. >
  6. 花粉症によく効く点鼻薬~鼻用ステロイド薬~

アレルギー

花粉症によく効く点鼻薬~鼻用ステロイド薬~

    

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜が何らかのアレルゲン(抗原)に反応を起こし、アレルギーを起こしたことで炎症を生じる病気です。

 

スギやヒノキなどの花粉がアレルゲンとなり起こるアレルギーは、「季節性」と言われ、アレルゲンが発生する一定の季節を過ぎれば、その症状は軽減もしくは軽快するケースが殆どです。

 

しかし、症状が強いことで不快感を覚える方が多く、多くの方は点鼻薬を用いて、その症状の緩和をはかります。

 

中でも、鼻用ステロイド薬は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの鼻症状に対して効果があり、比較的即効性であることが知られています。
 
本来点鼻薬としては抗ヒスタミン薬が広く知られていますが、抗ヒスタミン薬が効かない鼻づまりにもかなりの効果があります。
 
鼻用ステロイド薬は有効性が高く、使用した部位のみ効果が現れ、全身への吸収が少ないため、ステロイド(副腎皮質ホルモン)使用時に出る全身への副作用が少ないことから、最近ではアレルギー性鼻炎において、治療薬の主力になっています。
 
主な薬としては次のようなものがあります。
 
1. プロピオン酸ベクロメタゾン(BDP)
 a. エアゾール剤(ベコナーゼ・アルデシン)
 b. 粉末剤(リノコート)
 c. 液剤(アルテシン・AQネーザル)
2. フルニソリド(シナクリン)
3. プロピオン酸フルチカゾン(フルナーゼ)
 
鼻用ステロイド薬は、名前の通りステロイド(副腎皮質ホルモン)を有効成分とした薬で、アレルギーや炎症を抑える強い作用があります。比較的即効性で、使用後1~3日で良い効果が期待できるようです。鼻用ステロイド薬は局所効果に優れ、安全性も高いことから、今後は使用度も上がると思われます。
 
花粉症の場合は、鼻症状以外にも何らかの症状がある場合が多いため、その点を考慮し、内服薬と併用する場合も多いでしょう。
 
各鼻用ステロイド薬には、現在様々な種類のものが採用されています。薬剤の選択の際は、剤型、使用方法、それぞれの症状に対する効果、刺激感などの副作用、使用感などを考慮して選ぶと良いとされています。

 

具体的にどう選べばいいのかわからない場合は、インターネットでの口コミを調べたり、同じように花粉症で悩む方の意見を聞いたり、素直に医師に相談してみるのも良いでしょう。 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/06/10-002512.php )

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

花粉症に有効なロイコトリエン受容体拮抗薬!

     アレルギー性鼻炎はそれが持続的に続くものと、季節性の花粉症があり、そ...

どんなものがあるの? 花粉症に使用する抗アレルギー剤

     花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン薬をはじめ、作用機...


眠くなる内服薬と眠くならない内服薬

抗ヒスタミン薬 花粉症用の内服薬は、市販のものも病院で処方されるものも、実にた...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る