カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 夜間頻尿 >
  4. 過活動膀胱からくる夜間頻尿

不眠・睡眠障害

過活動膀胱からくる夜間頻尿

 

夜間頻尿とは就寝後に排尿のために起きなければならないことで日常生活に支障が出る症状のことで、睡眠障害のひとつの症状とされています。夜間頻尿の原因はいろいろと考えられますが、原因として主に考えられているのは多尿や睡眠障害、そして膀胱の尿量障害などです。膀胱の尿量障害は加齢が原因になって膀胱の機能が低下することもありますが、具体的な疾患が原因となっていることもあります。

 

 

膀胱の尿量障害のひとつ、過活動膀胱

過活動膀胱という言葉は聞いたことがあるかもしれません。過活動膀胱は突然起こる我慢しがたい強烈な尿意といった尿意切迫感を覚えるといった症状のある疾患で、これによって膀胱機能が低下して膀胱の尿の容量が低下します。過活動膀胱は男性でも女性でも性差なく見られるものです。過活動膀胱の症状が同時に見られる夜間頻尿の場合は以下のような質問票が使われることがあります。

 

過活動膀胱症状質問票OABSS

朝起きたときから寝るまでに、何回くらい尿をしたか

 7回以下…0

 814回…1

 15回以上…2

夜寝てから朝起きるまでに何回くらい尿をするために起きたか

 0回…0

 1回…1

 2回…2

 3回以上…3

急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがあったか

 無し…0

 週に1回より少ない…1

 週に1回以上…2

 11回くらい…3

 124回くらい…4

 15回以上…5

急に尿がしたくなり、我慢できずに尿を漏らしたことがあったか

 無し…0

 週に1回より少ない…1

 週に1回以上…2

 11回くらい…3

 124回くらい…4

 15回以上…5

 

もし自分で心当たりのある症状がこの中にあれば、質問票を元に自分の症状を客観的にとらえることができますので、試してみるとよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/23-365925.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夜間頻尿に関する記事

膀胱の機能低下を引き起こす疾患

  就寝後に尿意をもよおして排尿のために起きなければならなくなり、それによって...

夜間頻尿の3大原因とは

  尿は膀胱に溜められ、膀胱の中の尿が一定以上になったら尿意をもよおす仕組みに...


国際前立腺症状スコア(I-PSS)で夜間頻尿を客観的に知る

  夜間頻尿の症状はある日の夜、突然何度も就寝中にトイレに行きたくなるわけでは...

“排尿日誌”で自分の排尿状態をチェック!

  就寝前にたくさん水分をとると就寝途中に尿意をもよおして、排尿に起きたりする...

カラダノートひろば

夜間頻尿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る