カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

膣内環境の乱れが原因!細菌性膣症

 

細菌性膣症は、よく聞くクラミジアや淋菌、カンジダ、トリコモナスといった特別な菌が原因になるのではなく、通常体内に常在している菌がバランスをくずし、正常な菌と異常な菌の優位が入れ替わってしまうことによって起きます。

 

 

常在菌のバランスが崩れるとは

多くの場合、女性の膣内の正常な細菌の環境は、大部分がラクトバシラスという乳酸桿菌類によって構成されています。これに対して通常B群連鎖球菌という細菌や、膣桿菌という細菌は劣位にあるのですが、これらがバランスをくずし優劣が入れ替わることによって細菌性膣症を引き起こします。

 

どうしてバランスがくずれるのか?

上記のように悪い細菌であるB群連鎖球菌や膣桿菌といった細菌が増加することで膣の細菌環境がくずれます。ではそれはどのようなことがきっかけとなっておきるのでしょうか?全ての原因が分かっているわけではありませんが、考えられるのは以下のような原因です。

性交渉のパートナーが新しく変わった

性交渉のパートナーが複数人いる

膣洗浄を習慣的に行っている

避妊のために子宮内避妊器具を用いている

このように広い意味での性活動が原因になっていると考えられています。それを裏付けるように性交渉の経験がない女性には細菌性膣症はほとんど発生しませんし、トイレの便座や浴槽の水、共有するタオル、プールなど一般的に感染経路になりやすいものによる感染はほとんど見られません。

ただし性活動が原因になるというだけで、他の性感染症のように性交渉で誰かに感染するというわけではありません。あくまでもその人の膣内環境が乱れることが原因ですので、そのきっかけをつくってしまうのが性活動のことが多いのです。

 

 

膣内環境が整っていないと様々な疾患を発病する危険が高まります。その危険性を十分理解しましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/20-027714.php?category=34])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

細菌性膣症に関する記事

気をつけるべきは二次的な発病

  細菌性膣症は、膣内に常在する細菌のバランスが崩れることによって起きる疾患で...

妊婦さんがなると大変危険?!細菌性膣症とは

細菌性膣症というものを知っていますか?非特異性腟炎とも呼ばれることがあります。膣...


細菌性膣症になる原因は何?またその検査・治療方法とは

  膣の自浄作用の低下により、カンジダ、トリコモナスそして淋菌などの特定の...

細菌性膣症の診断では何をチェックする?診断から治療まで

細菌性膣炎は膣内の最近の優劣のバランスが崩れてしまって、膣内環境が悪くなって...

カラダノートひろば

細菌性膣症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る