カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 月経前緊張症 >
  5. 月経前緊張症を診断するために

女性のカラダの悩み

月経前緊張症を診断するために

 

月経前緊張症は月経前症候群と言われることもあり、月経前の3日から10日間ほど継続的に見られる精神的あるいは身体的症状で、月経がはじまるとともに減少あるいは消失するものを指します。

 

 

原因は不明

月経前緊張症の原因は様々な説がありますが、確たる原因は今のところ分かっていません。一つの考え方としては月経や排卵を引き起こす女性ホルモンの変動によって引き起こされると考えられるものです。月経前緊張症が起こる月経前の期間は、ホルモンの周期で言うと卵体期のみに症状があらわれます。この期間には黄体ホルモンの分泌が盛んになるのですが、このホルモンへの影響の受けやすさの差によって各症状が出るというものです。他にもセロトニンといった神経伝達物質の異常や、耐糖能の異常などが考えられています。

 

診断には…

明確な原因がないため、血液検査によってこの値が高いから月経前緊張症だとか、おりものの検査によって診断を下すとかいったことはできません。これといった決め手がない上に、ある期間にしか症状が見られないため、一定期間以上つけた日記が診断に役立ちます。身体症状と精神症状の有無を日記につけ、黄体期(生理前の期間)のみで症状が出ているのを確認するのです。これで症状が黄体期の身ではなく、月経開始から排卵前まであって、黄体期に悪化しているようなケースは、うつ病などの精神疾患を疑う必要があります。

 

具体的な期間

具体的には症状が、3周期にわたって月経前5日前後に症状が出現し、月経開始後4日以内に消失した後、月経周期12日まであらわれないということが必要です。

 

 

診断のためには他にも、経口避妊薬やアルコールに症状が左右されないことや、次の2周期にわたって同様の症状が再発することも診断の上で必要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/11/26-003519.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経前緊張症に関する記事

生理前の微熱は大丈夫?女性だけの発熱のメカニズム

生理前から始まった頃に微熱が出るという声をよく聞きます。これは特殊な症状なの...

生理前のつらい微熱…低体温症かも?微熱は赤ちゃんを迎える準備です!

生理前の微熱症状は、女性なら誰でも起こる事です。これは身体が妊娠への準備を毎月...


わけもなくクヨクヨ、イライラ…その症状PMS(月経前緊張症)かも?

月経の前に様々な症状が現れるPMS(月経前緊張症・月経前症候群)。その症状は実...

食事、運動、薬・・・細菌性膣症の治療方法

  生理前の数日に様々な不快症状があらわれるのが月経前緊張症です。症状は実に多...

カラダノートひろば

月経前緊張症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る