カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 月経前緊張症 >
  5. 食事、運動、薬・・・細菌性膣症の治療方法

女性のカラダの悩み

食事、運動、薬・・・細菌性膣症の治療方法

 

生理前の数日に様々な不快症状があらわれるのが月経前緊張症です。症状は実に多岐にわたり、身体的な症状から精神的な症状までさまざまあります。またその程度も様々で自分では気づけないほどの小さな異変から、他人に迷惑をかけてしまうくらいの大きな症状まで非常に幅が広いです。

 

 

診断

月経前緊張症は生理周期に伴って起こることですので、具体的な症状と、その時期、そして周期性などを記録したものがあると診断がスムーズです。これとともに排卵周期との関係を見るため基礎体温を記録したものがあると、より診断がしやすくなります。

 

治療

非薬物療法

食事指導や、運動療法リラクゼーション生活習慣の改善カウンセリングストレス管理などによって症状の改善をはかります。こうした非薬物療法が無効な場合は薬物療法に移行します。

 

薬物療法

…対症療法

 対症療法はあらわれている症状に対して薬を処方して改善するもので、むくみなどの症状が見られれば利尿薬、頭痛や腹痛などの症状が見られれば鎮痛剤、不眠の症状が見られれば睡眠薬といったように薬を処方してくれます。ただし、むやみにこうした薬に頼るよりも、どうしても頭が痛くて生活に支障が出ると言った場合に服用した方がよいでしょう。

…ホルモン療法

 ホルモン療法としては低用量ピルを用いることがあります。ピルを服用することでホルモンの分泌が鈍くなり、ホルモンの変化に体が影響を受けることがなくなります。

…向精神薬

 精神症状があるときに症状に合わせて向精神薬、抗不安薬などが使用されます。

 

 

まずは体に負担のかからない非薬物療法で、症状の軽減を図ります。月経前緊張症は原因がはっきりとわかっていない疾患であるため、必ずこの方法が誰にでも効くというものがありません。ですので、自分でいろいろとラクになる方法を探してみるのもよいかもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/01-361543.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経前緊張症に関する記事

生理前のつらい微熱…低体温症かも?微熱は赤ちゃんを迎える準備です!

生理前の微熱症状は、女性なら誰でも起こる事です。これは身体が妊娠への準備を毎月...

わけもなくクヨクヨ、イライラ…その症状PMS(月経前緊張症)かも?

月経の前に様々な症状が現れるPMS(月経前緊張症・月経前症候群)。その症状は実...


生理は病気じゃないから…?一度診断を受けてみよう!生理前症候群かも?

生理前に微熱が出る方、微熱なのに関節まで痛むという方もいらっしゃるようです。生...

生理前の微熱は大丈夫?女性だけの発熱のメカニズム

生理前から始まった頃に微熱が出るという声をよく聞きます。これは特殊な症状なの...

カラダノートひろば

月経前緊張症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る