カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. おりもの >
  5. こんなおりものが出たら出産が近いかも…知っておきたい出産兆候7つ

妊娠・出産

こんなおりものが出たら出産が近いかも…知っておきたい出産兆候7つ

出産前になると、いつもとはちょっと違うおりものが出てくることがあります。出産前のおりもので出産の兆候を知り、赤ちゃんが生まれる覚悟ができたという方も少なくありません。

今回は出産の兆候、その中でも特におりものの変化について、みていきたいと思います。

  

7つの出産の兆候

臨月を迎え、正産期に入るといつ産気づくのかドキドキしてきますよね。出産の兆候は、どのようなものがあるでしょうか。

 

兆候1.食欲が出る

妊娠後期になると赤ちゃんが大きくなることで、子宮が胃を圧迫し、あまり食事ができなかった、というお母さんは多いといいます。

しかし、お産が近づいてくると、赤ちゃんが骨盤の方に下がるため、胃は元の位置に戻ります。そのため、食欲が出てくることも。

  

兆候2.腰痛

お産が近づき、赤ちゃんが骨盤に下りてくると骨盤を圧迫しはじめます。圧迫が原因となり、腰痛が起こる場合があります。

  

兆候3.おりものの量が増える

お産が近づくと、子宮頸管がやわらかくなるので、おりものが増えます。おりものを増やすことで産道の通りを良くし、赤ちゃんがスムーズに出て来れるようにしているのです。

おりものシートを使用し、こまめに変えて清潔に保ちましょう。

  

兆候4.トイレが近くなる・残尿感がある

赤ちゃんが下がり膀胱を圧迫するので、すぐにお手洗いに行きたくなります。実際に排尿の量が増えるわけではないので、残尿感を感じる場合もあります。

  

兆候5.お腹が張る

陣痛に向けて、子宮が伸縮する回数が増えます。前駆陣痛と言って、本陣痛の予行練習のようなもの。本陣痛とは違って規則的でなく、痛みの強弱もまばらです。

  

兆候6.赤ちゃんの動きをあまり感じない

赤ちゃんの位置が骨盤内に移動するので、今までのように動き回ることがなくなります。そのため出産が近づくと、胎動をあまり感じないように。

  

兆候7.おしるし

おしるしとは、卵膜がはがれて出た血液がおりものに混ざって出てきたもののことです。おしるしがあってから数日で陣痛がきた、という話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし実際は、おしるしがあってから陣痛がくることは半分程度。

おしるしがない人もいますし、おしるしがあっても量が少なくて気づかない人もいます。おしるしは出産スタートの合図というよりは、兆候のひとつとして捉えておきましょう。

  

これらの兆候は、すべて起こるとは限りませんし、複数にまたがって兆候がみられるケースもあります。

  

おりものでわかる出産の兆し

出産が近づくと、おりものが増えますが、一体いつごろから増え始めるのでしょうか。

 

だいたい1週間前から

出産前の兆候としてのおりものは、出産1週間前ぐらいから出てくる場合が多いでしょう。3~4日前になると、おりものの量がドッと増えたという声もあります。

しかし、出産直前までまったくその兆候がなかったという方もいますので、おりものだけで兆候をつかむのは難しいかもしれません。

 

出産直前にはおしるしも

おりものが多くなり、出産が近づくとおりものにおしるしとして血が混じることもあります。出産の兆候としておりものが出る出ないにかかわらず、おしるしも出てくる場合がありますので、おりものの様子はトイレのたびにチェックしておきましょう。

  

出産前のおりもの・おしるしの特徴

出産前のおりものはどのような様子なのでしょうか。おりものチェックをするときの参考にしてみて下さい。

 

出産前のおりものの特徴

通常のおりものに比べるとはるかに量が多く、ドロッと粘り気があるのが出産前のおりものの特徴です。このドロッとしたおりものは粘膜栓というもの。

妊娠中に子宮頸管から分泌されて、子宮頸管でゼリー状に固まり、外部から細菌が入ってこないようにしているのです。

しかし、出産の準備が整い、少しずつ子宮口が開いてくることで、この粘膜栓が溶けだしておりものとして出てくるのです。

 

色は、粘膜栓が溶けだすことで白めのおりものになると言われています。

全体的に白みがかっていたり、サラサラのおりものの中に白っぽい粘り気のあるおりものが混ざっていたりすることも。

 

おしるしの特徴

おしるしの特徴は血が混ざった、少し粘り気のあるおりものです。

血が混ざるため、色はピンクがかっていたり、茶色っぽくなるケースが多いですが、鮮血の状態で出てくることも。おしるし以外の可能性もありますので、心配な場合は必ず医師に相談しましょう。

 

おりものの変化は個人差が大きいため、おりものの変化なく出産される方もいらっしゃいます。他の兆候と合わせて確認してみてくださいね。

 

【体験談 Pick Up】知ってはいたのにビックリ 色や量に動揺

投稿者:ずみこさん

出産が近づくとおしるしが来る人もいると知ってはいたのですが、いざおしるしを目にするととってもビックリしました。 私の場合、色は鮮血で、量は月経ほどたくさんありました。 母や周囲からの話で、ピンクっぽかったり、茶色っぽかったり、おりものまじりだったりして、 量は少しだけだよーと聞いていたので、 「色も量も人それぞれ」と調べていたにもかかわらず動揺しました。

出産が近づくとおしるしが来る人もいると知ってはいたのですが、いざおしるしを目にするととってもビックリしました。 私の場合、色は鮮血で、量は月経ほどたくさんありました。 母や周囲からの話で、ピンクっぽかったり、茶色っぽかったり、おりものまじりだったりして、 量は少しだけだよーと聞いていたので、 「色も量も人それぞれ」と調べていたにもかかわらず動揺しました。

   

【体験談 Pick Up】破水そしておしるし!

投稿者:ゆっぴーママさん

主人の迎えに来た金曜日。帰り際に父に「まだまだ産まれそうにないねぇ」と言われ、そんなの分からないよ‼と言う会話をし自宅に帰りました。 帰宅してからはいつも通り、二人でお風呂に入ってゆっくりしました。ただ、毎日やってた乳頭マッサージとスクワットは念入りにしてました。

そして、夜中3時。寝ていた時に尿漏れの感覚が‼ヤバイ!漏れたかも!と思ってトイレに行き用を足しました。が、その数分後また漏れた感覚が。まさか?と思いつつも、トイレに言ってナプキンを当てました。 その数分後また漏れた‼またトイレに行き拭いてみると、ドロンとおりものが大量に出て血が混じってました。

そこで破水しておしるしがきた‼と確信しました。 破水はヤバイと思い主人に報告し、直ぐに病院に連絡。母にも病院に行くと連絡し向かいました。その時すでに陣痛まできました。

 

出産の兆候を把握してお産に挑もう

出産の兆候を知ることで、お産に向けてお母さんも心構えることが出来るもの。

陣痛がきて焦る前に、出産の兆候もきちんと把握し、いつお産が始まってもおかしくないつもりで行動することが大切ですよ。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

妊娠初期のおりものって?「これって妊娠初期症状?」と思ったらチェックしたい6つの項目

いつもの頭痛が長引いていたり、風邪を引いたようにだるい状態が続いたり、妊娠初期の...

妊娠で増えたおりものの原因が感染症だった!対処法は?こんなおりものは××膣炎の可能性が…

妊娠すると「おりもの」は増えるといわれています。 これは女性ホルモンの分泌が大...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る