カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 喘息 >
  5. 喘息発作の予防法は?出産時に発作になったらどう対処?妊娠中にOK・NGの喘息治療薬は?

妊娠・出産

喘息発作の予防法は?出産時に発作になったらどう対処?妊娠中にOK・NGの喘息治療薬は?

出産時は普段よりも緊張しますし、特に初めての出産ともなると、不安で不安で仕方がない妊婦さんも多いはずです。

そんなとき、喘息患者さんであれば、喘息発作が起きたらどうしようと考えるかもしれません。

 

喘息治療をしているなら、妊娠中の喘息治療薬・出産までの喘息管理はしっかり知っておきましょう。

まずは、妊娠中の薬の一般的な使用についてです。

 

【一般的な病気の治療薬】妊娠超初期は問題なし、初期は特に注意が必要

一般的な病気の治療薬に対して言えることですが、極初期と呼ばれる妊娠1か月までは胎児の器官形成の時期に当たらないことから、基本的に薬を服用しても問題はありません。

 

一方で注意したいのが、妊娠初期と呼ばれる4か月までの期間です。

この時期には胎児が成長しだすので、薬の影響で奇形になってしまう可能性があります。

 

妊娠5か月目から出産までは奇形の心配はないものの、成長への影響が考えられるので注意が必要です。

 

喘息治療薬に関しては、定められた薬を必要量だけ飲む分に関しては、基本的には器官形成の時期もOKな場合が多いです。

詳しくは、かかりつけ医と話し合ってください。 

 

妊娠中でも飲んでOKな薬、NGな薬

医師の処方があると思いますが、基本的に妊娠中でもOKとされる薬、NGとされる薬を見ていきます。

 

経口抗アレルギー薬やロイコトリエン受容体気候薬は、妊娠中はNGです。

リザベン、アゼプチン、セルテクト、アレギサールなどが具体的な薬名です。

 

一方で特に問題ないとされるのが、フルタイドなどの吸入ステロイド薬、長時間作用型のアドエアなども大丈夫です。

 

一般的に妊娠中には、喘息治療薬の中でも、吸入薬を中心として治療するとされています。

喘息治療の基本である発作を起こさない治療、発作を予防する生活は、妊娠中にはもっとも大事ですのでその点も注意が必要です。

 

喘息治療薬は、基本的には吸入薬を中心として妊娠中でもOKな薬が多いです。

医師とよく話し合ったうえで、妊娠中の喘息コントロールをしていきましょう。

 

出産時に喘息発作になるか不安…どう対処すべき?

ここでは、出産時の喘息発作の可能性、そしてどのように対処したらよいのかを見ていきます。

 

喘息発作の可能性はゼロではない

出産時に限らず喘息発作はいつ起きるかわかりません。

出産時に関して言えば、リスクが高まりやすいのは確かです。

 

緊張して喘息発作を起こしたことがある、不安になると発作につながりやすいという方は特に注意が必要です。

喘息発作の可能性は、出産時も出産前もゼロではないと常に覚えておきましょう。

 

呼吸器科のある病院を選ぶ

出産時に万一、喘息発作が起きた時に、産婦人科だけでは対応できない場合もあります。

そんなとき、近くの病院から喘息治療の先生を探してくると時間がかかってしまうので、最初から呼吸器科のある病院で出産するとよいです。

 

普段は別の病院で喘息治療をしているという場合でも、万一の場合に、すぐに呼吸器のプロが駆けつけられる状態を作っておいたという喘息患者の妊婦さんは多いです。

 

普通分娩の妊婦さんも多い

喘息だと普通分娩は難しいのではないか、と心配な方も多いようですが、普通分娩で出産したという妊婦さんも多いです。

ただ、こればかりは個々人の症状によって異なる部分ですので、事前に産婦人科・呼吸器科の両方の医師とよく相談したうえで出産方法を決めましょう。

 

喘息持ちの妊婦さんは、いざというときのために呼吸器科が併設されている、もしくはすぐに連携が取れる産婦人科での出産をお勧めします。

分娩方法は症状によって、状態によって違いますが普通分娩という方も多いです。

 

妊婦には喘息コントロールが必要!喘息発作の予防法は?

喘息は発作さえ起きなければ健康な人と変わりがなく、問題なく日常を過ごせる病気です。

そのため、喘息の治療では、喘息発作を起こさないようにコントロールすることが重要といわれています。

 

妊婦に喘息コントロールが特に必要な理由

妊婦にとって喘息コントロールが特に必要な理由は、喘息発作が胎児に与える影響が大きいからです。

 

妊婦がしっかり息を吸い込めない、酸素を取り入れられないと胎児の元にも酸素は行き渡りません。

酸素不足で胎児の脳に影響が出る場合もあるので、出来るだけ喘息発作は予防しなければなりません。 

 

寝具の素材選び・寝室環境の調整

喘息発作の予防法として、部屋の中を管理する方法は多いです。

寝具の素材選び、寝室環境の調整もその一つです。

 

寝具を選ぶときにはアクリルや綿を選び、羽毛、絹などは避けてください。

また、そば殻は人によっては合わないので避けておいた方が無難です。

 

寝具は頻繁に両面掃除機がけをすることで、ある程度アレルゲンの飛び散り、体への侵入を防げます。

 

ストレスコントロールの重要性

不安になっているときに限って、喘息発作が起きるという方も少なくはありません。

特に妊娠中は、普段と体が違うのでストレスも溜まりやすく、不安から発作を起こす可能性もあります。

 

自分なりのリラックス空間を見つけたり、時々は外に出てリフレッシュして上手にストレス管理をしていきましょう。

 

妊婦が喘息発作を起こすと、酸素が胎児に行き渡らないことから、胎児の脳に影響を及ぼしてしまうこともあります。

発作を予防するために、寝具選びに気を配ったり、ストレスコントロールをしっかり行いましょう。

 

(Photo by:足成 )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

「喘息」が持病…妊娠中に何を気を付けたらいい?

「喘息」が持病の方が妊娠した場合、何もない妊婦さんに比べ、気を付けなければい...

子供に酸素が送れない?喘息コントロールの大切さ

妊婦の約3%が喘息患者であるといわれていましたが、最近喘息を発症している若い...

喘息の体験談

妊娠中に飲んでいた薬〜喘息の発症と治療〜

2人目の妊娠中は、いろいろと薬を飲んでいました。理由は、喘息の状態を現状維持するためです。肺炎の発作...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る