カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠中の喘息はどう対処する?胎児への影響はあるの?

妊娠・出産

妊娠中の喘息はどう対処する?胎児への影響はあるの?

喘息(ぜんそく)持ちの場合、妊娠中や出産時に発作が起きたらどうしよう、薬は飲んでも大丈夫なのか、など不安に感じる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、妊娠中の喘息予防法についてご紹介。

 

妊娠中の喘息は胎児にリスクあり

妊娠発覚後、薬は胎児に悪いという判断から、ご自身の判断で薬を辞めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、それは危険です。もし妊娠中に発作が何回も起きたり、発作の症状がひどくなった場合、胎児に酸素が十分届かなくなり胎児に影響を及ぼす可能性があります。

早産や、低体重、発育の遅延など障害を持って生まれてしまう場合があるため、妊娠発覚後、どのようにして喘息の発作を予防すれば良いのか、必ずお医者さんに相談しましょう。

 

妊娠中でも飲んでOKな薬、NGな薬

お医者さんの判断によって予防法は異なりますが、基本的に妊娠中でもOKとされる薬、NGとされる薬をご紹介します。

 

妊娠中でも飲める喘息治療薬

フルタイドなどの吸入ステロイド薬、長時間作用型のアドエアなどは問題ないと言われています。一般的に妊娠中には、喘息治療薬の中でも、吸入薬を中心として治療を行います。

 

妊娠中でも飲めない喘息治療薬

経口抗アレルギー薬やロイコトリエン受容体気候薬は、妊娠中はNGです。リザベン、アゼプチン、セルテクト、アレギサールなどが具体的な薬名です。

 

出産時に喘息発作になるか不安…どう対処すべき?

ここでは、出産時の喘息発作の可能性、そしてどのように対処したらよいのかを見ていきます。

 

喘息発作の可能性はゼロではない

出産時に限らず喘息発作はいつ起きるかわかりません。出産時に関して言えば、発作が起こるリスクが高まるのは確かです。

 

緊張して喘息発作を起こしたことがある、不安になると発作につながりやすいという方は特に注意が必要。喘息発作の可能性は、出産時も出産前もゼロではないと常に覚えておきましょう。

 

呼吸器科のある病院を選ぶ

出産時に万一、喘息発作が起きた時に、産婦人科だけでは対応できない場合もあります。そのため、最初から呼吸器科のある病院で出産することをオススメします。

 

万一の場合に、すぐに呼吸器のプロが駆けつけられる状態を作っておいたという喘息患者の妊婦さんは多ようです。

 

喘息持ちでも普通分娩の経験者多数

喘息だと普通分娩は難しいのではないか、と心配な方も多いようですが、普通分娩で出産したという妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

ただし、個々人の症状によって異なるため、事前に産婦人科・呼吸器科の両方の医師とよく相談したうえで出産方法を決めましょう。

 

妊婦には喘息コントロールが必要!喘息発作の予防法は?

喘息は、発作さえ起きなければ健康な人と変わりがなく、問題なく日常を過ごせる病気です。

そのため、喘息の治療では、喘息発作を起こさないよう自身でしっかりコントロールすることが大切だと言われています。

 

1.バランスの良い食事と睡眠で風邪を予防

何よりも健康的な体であることが一番の予防法です。風邪から発作に繋がる可能性があるため、バランスの良い食事、そしてしっかりと睡眠時間を確保し、風邪をしっかり予防しましょう。

 

2.毎日しっかり掃除

カビやハウスダスト、ほこりも喘息の天敵!毎日の掃除は妊娠中大変ですが、良い運動にもなるので、しっかり部屋を綺麗にしておきましょう。

 

3.寝具の素材選び・寝室環境の調整

寝具の素材選び・寝室環境の調整もとっても大切です。寝具を選ぶときにはアクリルや綿を選び、羽毛、絹などは避けてください。また、そば殻は人によっては合わないので避けておいた方が無難です。

 寝具は頻繁に両面掃除機がけをすることで、ある程度発作を引き起こす抗体「アレルゲン」が飛び散り体への侵入を防ぐことができます。

 

4.ストレスコントロールの重要性

不安になっているときに限って、喘息発作が起きるという方も少なくはありません。特に妊娠中は、普段と体が違うのでストレスも溜まりやすく、不安から発作を起こす可能性もあります。

 

自分なりのリラックス空間を見つけたり、時々は外に出てリフレッシュして上手にストレス管理をしていきましょう。

 

自身で判断するのは危険。お医者さんに相談して決めましょう

 

妊婦が喘息発作を起こすと、酸素が胎児に行き渡らないことから、胎児の脳に影響を及ぼしてしまうこともあります。

妊娠中や出産時に発作を予防するために、今回ご紹介したように、まずは医師に相談し、薬とご自身でできるコントロール対策をやってみましょう。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

妊娠初期の不眠の原因は悪阻だった?!つわりからくる不眠症を治す対策5選

妊娠すると、妊娠初期や後期に関わらず夜なかなか眠れないという妊婦さんは多いもの。...

生まれてくる我が子が喘息にならないために…禁煙&葉酸の過剰摂取は避けること!

妊娠中に、「私がもっているアレルギーやアトピーなどが胎児へ遺伝してしまうのではな...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る