カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 治療・薬 >
  5. 群発頭痛の痛み止め 適用でない薬もある

頭痛

群発頭痛の痛み止め 適用でない薬もある

 

激しい痛みが数時間続く群発頭痛。一刻も早く痛みを取りたいものです。現在、群発頭痛の治療は、つぎのようになっています。

 

1.イミグラン(スマトリプタン)皮下注射:即効性

医師の許可があれば自分で注射できる即効性のもので、現在これが第一選択となっています。上腕や太ももの外側に、ペン型のカートリッジで注射します。最短で5分程度から効果が出て痛みが引きます。

 

2.イミグラン点鼻薬

鼻粘膜から薬効成分を吸収させるタイプで、1の注射は無理、という人のための即効性のものです。専用カートリッジで鼻に噴霧して使用します。群発頭痛では鼻水が出てくることが多いため、事前にしっかり鼻をかんでおくことが大切です。

 

3.酸素吸入

純酸素を15分吸収すると、痛みが治まるという例が増えており、酸素吸入設備のある病院で治療を受けられます。診察時にこのような方法が可能かを確認しておくとよいでしょう。

 

片頭痛治療薬は適用ではない

群発頭痛では、血管の拡張、とくに眼の奥にある内頸動脈などの拡張が痛みの原因となるため、血管を収縮させる作用がある薬剤が効果があります。群発頭痛治療薬として、現在適用になっているのは、血管収縮と鎮痛効果があるイミグランのみです。これは作用機序としては片頭痛治療薬と同じですが、片頭痛治療薬として認可されているアマージ(ナラトリプタン)やマクサルト(リザトリプタン)は、群発頭痛では適用になりませ(こちらのほうが効いた、使いやすい、という人もいます)。

 

痛みが取れなければ別な病気を疑え

イミグラン皮下注などで激しい痛みがすぐに引かない場合には、群発頭痛ではない可能性が高く、他の疾患があると考えた方がよいので、薬の効果をきちんと見極めることも重要ポイント。これには、医師ときちんと話し合いながらの治療が大切になってきます。群発頭痛と診断されて治療したけれどじつは別な病気で、命を落とした、という例も発生しています。激しい痛みは重篤な疾患の可能性もありますから、十分注意して治療を進めましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/11/16-010317.php) 

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

群発頭痛の予防薬

群発頭痛の発作期には、毎日激しい頭痛に悩まされることになります。そのため、予...

頭痛治療薬の注意点!トリプタン系薬、エルゴタミン製剤…気をつけることとは?

  ・トリプタン系薬は発作を抑える薬で発作を予防するための薬ではありません...


日本ではまだできない群発頭痛の治療法

  群発頭痛は、まだ十分には解明されていない病気です。現在、国内ではできません...

群発頭痛に使用される薬

  薬物療法に加えて酸素の吸入が行われます。   ・トリプタン系薬 ...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る