カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 治療・薬 >
  5. 緊張性頭痛に効果があるツボ

頭痛

緊張性頭痛に効果があるツボ

 

緊張性頭痛は、肩こりや首の凝りが原因になります。ストレスや運動不足までは解消できませんが、日常的にできることが、頭痛の予防と改善に効果的です。

 

デスクワークの合間にストレッチ

長時間同じ姿勢でいると、どうしてもガッチガチに肩も首も凝ってしまいます。座ったままでもつぎのような簡単なストレッチをしてみましょう。

・首を後ろにゆっくりとそらす

・首をゆっくり左右に倒す(手を添えるのもOK)

・首をゆっくり回す

・肘を上げて肩を回す

いずれも、息を吐きながらゆっくり行うと効果的です。

 

お風呂でホットパック

湯船につかるときに、電子レンジ等で温めたタオルを首の後ろに当て、ホットパックをしましょう。その際に、あごを上げて首をややうしろにそらす姿勢も効果的です。

 

頭痛に効くツボを刺激

小さく丸いペンのキャップなどを使って、頭痛に効くツボを刺激してみましょう。痛くなるほどは押さず、気持ちいいくらいで十分効果があります。

百会(ひゃくえ):耳のてっぺんからの延長と、鼻筋からの延長が交差する、頭頂部のくぼみ。

天柱(てんちゅう):首の後ろの太い筋肉の外側にあるくぼみ。首と後頭部の境目。

風池(ふうち):天柱の外側で、後頭骨の下側にあるくぼみ。

完骨(かんこつ):耳たぶの後ろの骨の後方にあるくぼみ。

太陽(たいよう):目尻の外側のくぼみ。

肩井(けんせい):首を前に倒したときに首の後ろで一番出っ張っている骨(第7頸椎)と、左右の肩の先端を結んだ線の中間にあるくぼみ。

曲池(きょくち):肘のシワの外側の先端

合谷(ごうこく):手の甲にある、親指と人差し指のつけねが交わる部分。

 

これらは日常生活でできる頭痛の対処法です。鎮痛薬をすぐ飲むのではなく、こうした方法で薬を減らすことも、大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/06/24-363881.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

鎮痛薬・筋弛緩薬・抗不安薬…どれを選ぶべき?緊張型頭痛の治療薬まとめ

頭痛の中でも、『緊張性頭痛』は生涯で罹患する人の割合が3~7割と言われるよう...

緊張性頭痛 ストレートネックの治し方

  緊張性頭痛は主に肩や首の凝りから起きていることが多く、これはいわゆるストレ...


緊張性頭痛に使用される薬

  緊張性頭痛も群発頭痛も基本的には片頭痛に対する治療と同様の薬が使用され...

緊張性頭痛の治療薬

  頭痛に悩まされている方は多いと思います。そんな頭痛ですが、いくつかのカ...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る