カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. ミルク >
  5. 赤ちゃんにとって大事な栄養分!粉ミルクの選び方

育児・子供の病気

赤ちゃんにとって大事な栄養分!粉ミルクの選び方

 

赤ちゃんがこの世で初めて口にするものといえばミルクです。母乳にしてもミルクにしてもお乳と呼ばれるものが赤ちゃんの大事な栄養分になるんですね。

というわけで赤ちゃんの栄養分である粉ミルクの選び方を紹介します。

 

●3種類の粉ミルクを知ろう

粉ミルクは大きく分けると3種類に分かれています。まず1つが育児用ミルクと呼ばれるもの、そしてもう1つがアレルギー用ミルクです。

ミルクアレルギーを持っている赤ちゃんは育児用ミルクは飲むことが出来ないのでアレルギー用ミルクを飲みます。

そして最後にフォローアップミルクというもので、フォローアップミルクは離乳食時期に摂取します。

 

●ミルクの基準は国が決めている

赤ちゃんの食べ物は大人の食べ物よりももっと慎重に作られます。大人にとって問題のない食べ物が赤ちゃんの体には重篤な影響を残すこともあるからです。

そんなミルクについてですが赤ちゃんのミルクの成分に何を配合するかというのは国で定められているので日本のミルクはほぼすべての成分が同じです。

 

●どれを選んでも同じ?

粉ミルクの基準を国が決めているのでどれを選んでも大体同じですが、赤ちゃんによってやはり好みがある子もいます。

私たちが試しに食べてみるとどれも同じような味に思えても赤ちゃんには違うように感じるのかもしれませんね。

そのため、最初はスティックタイプのものを買っていくつか飲ませてみることをお勧めします。

特にどれも嫌がらないようであれば価格の安いもの、お母さんお気に入りのメーカーなどお母さんの趣味で決めてOKです。

 

授乳期に飲む粉ミルクは育児用ミルクとアレルギー用ミルクの2種類に分かれています。

育児用ミルクの成分は国が決めているので基本的にはどれを選んでも同じですが好みのある子もいます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/03/18/39/baby-bottles-100111_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ミルクに関する記事

【乳児の育児体験談】おっぱいからミルクに変える時のポイント!

    完全母乳で育てていたのですが、通院のため生後半年からミルクを少しずつ足...

「ミルクの授乳」望ましいミルクの量は?こんな時はあげすぎかも!

ミルクは、栄養価が高いためか、ミルクを飲んでいる赤ちゃんはふっくらしていること...

ミルクの体験談

生後11か月☆ミルクと離乳食のバランスに悩み中

三女、11カ月になりました! 1歳まであと1か月かぁ~と思いながら体重を計ってみたら・・・・あれ増...

ミルク量が、∑(º ロ º๑)まぢ❢❢

生後2ヶ月と15日が経過しました♪ 普段は母乳なんですが、夕方のお風呂上がりと金曜日と土曜日の...

カラダノートひろば

ミルクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る