カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

生活習慣病

高脂血症にポリフェノール

高脂血症になったら、とにかく血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす必要があります。とはいえ、食べ物には必ず含まれている脂質。脂質を食べても体に脂質を吸収させなければ問題はないかもしれません。

 

黒ウーロン茶にみる「脂質吸収抑制」

サントリーのトクホ(特定保健用食品)黒烏龍茶は、茶葉に含まれる重合ポリフェノールが、食事で摂る脂質を体内に吸収させにくくするとしています。これは、腸で吸収される脂肪を黒烏龍茶の重合ポリフェノールが包みこみ、腸から吸収させないと考えられています。実際に、食事中に黒烏龍茶を一緒に飲むことで、血中の中性脂肪が低下したという結果が出ています。

 

赤ワインと肉

ステーキを食べるときには「赤ワイン」と言いますが、これも理にかなった食事だと言えます。実際に、ステーキを食べた後に赤ワインを飲むと、口の中がさっぱりしますが、これは赤ワインの中のポリフェノールの効果。赤ワインのポリフェノールは黒烏龍茶ほど重合していないため、腸からの吸収を止めるほどの働きはないと予想されますが、若干の効果は期待できます。

 

ポリフェノールを効果的に

これ以外にも、緑茶やブルーベリー、春菊、マンゴーなどに含まれるポリフェノールは、ドリンクやサプリメントなどの商品になっています。ポリフェノールは抗酸化効果もあり、毎日摂取することで中性脂肪が下がったという報告も多数あります。ブルーベリー葉のお茶も、中性脂肪低下が報告されています。高脂血症の方には、ポリフェノールを上手に使って脂質をコントロールすることをおススメします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/03/01-034028.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

知っておきたい!生活習慣病に効果アリ、野菜を上手に食べる裏ワザ

  脂質異常症(高脂血症)や糖尿病など生活習慣病の方に足りないと言われているの...

体内の脂肪を減らすための油?オメガ3で高脂血症の改善を!

  高脂血症では「脂は摂っちゃだめ!」と思いがちですが、体内の脂肪を減らす...


糖尿病、高血圧、脂質異常症の食事療法。なかなか続かない理由は?

  コレステロール値が高いと言われて、食事制限を始めたけど大変…なんていう...

くるみと脂質異常症(高脂血症)治療

  スーパーのナッツ類のコーナーなどでも手軽に手に入るくるみ。そんなくるみが脂質...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る