カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 運動療法 >
  5. 1週間の運動量はメッツ×時間で計算?高脂血症の運動療法とは

生活習慣病

1週間の運動量はメッツ×時間で計算?高脂血症の運動療法とは

 

厚生労働省では、「エクササイズガイド2006」を策定し、一週間にどのくらいの運動をしたらよいかを定めています。

 

 

メッツ=身体活動

 

身体活動の強さ「メッツに、活動した時間をかけた運動量「エクササイズ」を基準に、一週間に23エクササイズ以上を目標にします。さらに、そのうちの4エクササイズ以上は活発な運動が推奨されています。

 

身体活動:安静にしている時間よりも多くのエネルギー消費を必要とする動き

運 動:身体活動のうち、体力の維持・向上を目的として計画的・意図的に実施するもの

生活活動:身体活動のうち、運動以外。職業活動も含まれる

 

1メッツに相当するもの

 

【運 動】

・軽い筋力トレーニング 20分

・ボーリング 20分

・ゴルフ 15分

・軽いジョギング 10分

・エアロビクス 10分

・ランニング 7〜8分

・水泳    7〜8分

 

【生活活動】

・歩く  20分

・屋内の掃除 20分

・自転車  15分

・階段の昇り降り 10分

・重い荷物を運ぶ  7〜8分

 

どのくらいの運動が必要か?

 

一週間に23エクササイズを達成するには、例えば次のようなプログラムになります。

平日:3エクササイズ×5日 15エクササイズ

 歩く(20分:1メッツ)+軽いジョギング(20分:2メッツ)

休日:4エクササイズ×2日 8エクササイズ

 エアロビクス(20分:2メッツ)+重い荷物を運ぶ(7〜8分:1メッツ)+軽い筋力トレーニング(20分:1メッツ)

 

以上は、体調が万全のときに行うことが大切です。体調が良くないときには逆効果になりますから、十分な注意をしましょう。また、運動時には十分なストレッチでウォーミングアップとクールダウン、水分補給を忘れずに。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/12/01-354127.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

ワーキングが良い?高脂血症に対する運動療法について

  高脂血症になると動脈硬化を引き起こし、放置すれば脳梗塞や狭心症といった...

脂質異常症(高脂血症)治療で運動が禁忌となる場合

  脂質異常症(高脂血症)の基本的な治療法は食事療法と運動療法です。それで効果が...


高脂血症のオススメ運動療法

高脂血症と診断されても、運動をしていなかった人が急に運動を始めるというのはな...

コレステロールが高めの方、必見!!効果的なウォーキングの方法

LDL(悪玉)コレステロールが高目と診断されたら・・・まずは食事療法です。普段...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る