カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

生活習慣病

さまざまな高脂血症治療薬

 


脂質異常症の治療薬は、目的に応じたいくつかの種類があります。病状に合わせてこれらを組み合わせて治療しますが、併用できない薬もあるため注意が必要です。

 

スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害剤)

脂質降下剤の第一選択薬。肝臓でのLDL-コレステロールの合成を抑制します。LDLコレステロールを下げ、HDLを増やす効果があります。

 

小腸コレステロールトランスポーター阻害剤

小腸からコレステロールを吸収させなくし、LDLコレステロール値を下げます。スタチンと併用することで、より効果が高くなります。

 

プロブコール

LDLコレステロールを胆汁中に排出させたり、酸化を抑制して、血管内壁に付着するのを防ぎ、動脈硬化を予防します。

 

陰イオン交換樹脂

腸の中でコレステロールと胆汁酸を吸着して便と一緒に排出、体内への吸収を抑制する樹脂です。古くから用いられている治療法ですが、腸内に傷等がある場合には使用できません。スタチン系と一緒に使用されたり、腎機能が低下している場合等に使用されます。かなりの量を服用しなければならないので、使用できない人もいます。

 

ニコチン酸誘導体

肝臓で脂肪酸が集まって中性脂肪になるのを防ぎます。またHDLコレステロールを増やす効果もあります。「ニコチン」とつきますがビタミンの一種で、タバコでは効果がないので、ご注意を。

 

フィブラート系

脂質合成を抑制する薬です。LDLコレステロールを下げ、HDLコレステロールを上げる働きもあります。スタチンとの併用は禁忌です。

 

EPA

血小板の凝集を抑制し、トリグリセリド値を下げ、動脈硬化を防ぎます。血液の流れも良くします。天然素材ともいえ、穏やかで安全な治療薬です。

 

 このように、脂質異常症の薬はたくさんあり、世界での使用量も非常に多いことから、現代社会での肥満・脂質異常症(高脂血症)の患者がいかに多いかがわかります。とはいえ、体内に取り込まれた脂肪を減らすのはとてもたいへんなことであり、そのための薬も強い作用を持つものが多くなります。できるだけ薬物に頼らずに脂質異常症を改善できるよう、食事療法や運動をしっかり続けましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/27-370631.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

スタチン系脂質降下剤

    スタチン系脂質降下剤は、脂質異常症の第一選択薬として世界中で使用...

イコサペント酸エチル製剤を用いた中性脂肪対策とは?

  肥満の象徴ともいわれる中性脂肪ですが、適度な量の中性脂肪はカラダを外か...


脂質を溶かして減らす油EPA

脂質異常症の治療薬として、魚油から摂ったEPAが薬として使用されています。 ...

世界で一番飲まれている高脂血症の治療薬とは

  脂質異常症(高脂血症)の薬には悪玉コレステロールに効くもの、善玉コレステロ...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る