カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 腰痛 >
  5. 腰の靭帯や筋肉が損傷!?妊婦さんとぎっくり腰の関係

妊娠・出産

腰の靭帯や筋肉が損傷!?妊婦さんとぎっくり腰の関係

妊娠中に腰痛になる人も多いかと思いますが、なかには悪化してぎっくり腰になってしまう人も少なくありません。ぎっくり腰は、腰の靭帯や筋肉が損傷することで起こります。西洋では「魔女の一撃」と呼ばれるほどの激痛が一瞬でおそいます。

 

妊娠中にそのような激しい痛みにみまわれると、パニックになってしまうかもしれませんが、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

妊婦はぎっくり腰になりやすい?

腰の靭帯や筋肉が損傷することで起こってしまう、ぎっくり腰。実は妊娠することでいつもより起こりやすくなってしまっているのです。

 

1.骨盤のゆるみ

妊娠中はリラキシンというホルモンの影響により、骨盤周りの筋肉や靭帯、関節がゆるみ、通常強い骨盤もグラグラな状態となります。そのため腰に負担がかかり、ぎっくり腰が起こりやすくなってしまうのです。

 

2.姿勢の悪さ

妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、お腹もだんだん大きくなっていきます。そして重心が変わり、前かがみの姿勢や、猫背、逆に腰を反った姿勢になってしまうことも。このような姿勢だと、腰に負担がかかり、いつも以上に疲労が蓄積されてしまいます。

 

3.運動量の低下

つわりなどで横になることが多くなると、通常より腰を動かすことが少なくなります。その結果、筋力低下や血行不良が起こってしまい、腰への負担がかかりやすくなってしまうことも。

 

4.体重の増加

妊娠中は体重が増えます。にもかかわらず、支えるための筋肉が低下したり、骨盤や靱帯が緩んでしまうため、腰への負荷はかなりのものになってしまうでしょう。

 

最近では出産ギリギリまで働く女性も多くいます。そのため、腰だけでなく身体に負担をかけすぎる傾向もあるのかもしれません。

 

症状は人それぞれ

ぎっくり腰というと、「グキッ」という衝撃とともにその場で動けなくなるというイメージが一般的。

しかし、場合によっては一瞬違和感を感じたあと、何ともないと思っていたら、だんだん痛みが増してきて数時間後には動けなくなった、という症状の出方もあります。

  

痛む部位も、腰の左右どちらかがより痛む場合が多く、脚の外側の神経がピリピリと痛むことも少なくありません。

痛みの程度は寝返りもうてないほどのものから、歩くことは何とかできるけど座ることができないなど様々ですが、どの場合もなった人でなければ分からないと言われるぐらいの激痛です。

 

ぎっくり腰になってしまったら

あまりの痛みにすぐに病院へ行かなければと思うかもしれませんが、まずは安静にし、氷やアイスノンで患部を冷やすことが肝心です。

無理して動くと悪化しますので、痛みが楽になる姿勢をとるようにしてください。横向きに膝を少し曲げて横になると、楽になる場合があります。

ぎっくり腰になったらすぐに処置

個人差がありますが、数十分から数時間後には痛みが少しは和らいでくるでしょう。ぎっくり腰になってからすぐに処置することで、その後の回復が早まります。

しかし、かなり痛む場合や痛みが長引くようであれば、整形外科を受診してください。妊娠中でも、痛み止めなどで対応することもできるそうです。 

 

ぎっくり腰の予防対策

一度ぎっくり腰になってしまうと、再発することが多いようです。また妊娠中のぎっくり腰は、通常のぎっくり腰よりさらにつらい状態になることも。しっかりと予防することが大切です。

 

1.冷やさない 

冷えると血行不良がおきます。血液の流れが悪くなることで、筋肉が緊張しやすくなり、ぎっくり腰が起きやすくなってしまう一因に。腹巻や湯たんぽなどを使用し、腰まわりを中心に温め、冷やさないようにしましょう。 

 

2.重い荷物は持たない 

妊娠前は軽々と持てたものでも、妊娠中に持つと、骨盤のゆるみから思ったように力が入らず、ぎっくり腰を起こすことがあります。 転倒の危険もありますので、極力重い荷物は持たないようにしましょう。

 

3. 身体を動かす 

身体を動かさないことも血行不良に繋がります。ウォーキングやストレッチなど妊婦の身体に負担にならない運動を取り入れましょう。筋肉を鍛え、和らげてくれるのでぎっくり腰防止にも効果的。

  

4.くしゃみに注意

くしゃみをすると、瞬間的に腰に強い力が加わり、ぎっくり腰のきっかけになりってしまうことも。くしゃみが出そうな時は、少し膝を緩めたり、支えになるものにつかまるようにしてください。

 

【体験談Pick Up】ぎっくり腰体験談

投稿者:夢民河馬さん

臨月に突入しました。 39週のころだったと思います。長男のトイレの介助をしていた時、しゃがんだ体制から立ったところ・・・ ギグッ!!! きゃーーー!! もう経験してるから分かるんですよね。これヤバいやつだ、と。笑 今回も動けないほどの腰痛に襲われました。

その場から動けません。 これは困った。どうしよう。家には2歳児しかいない・・・ 取合えず子供に携帯を持ってこさせ、夫に連絡しました。 その後義母に連絡しました。 私が出産の入院中は我が家に義母が来て長男の面倒を見てもらう段取りだったので、少し早めに来てもらうように連絡したのでした。

こうして無事義母が到着し、事なきを得たのですが 問題の出産・・・ この時39週でいつ陣痛が来てもおかしくなかったのですが、主治医に相談したところ 「動かなければ陣痛来ないと思うから、とにかく安静に!」 との指示を頂き、ぎっくり腰中に陣痛が来ないようひたすら安静にしていました。 結果、安静にしていたことにより腰は3日ほどでよくなり、陣痛はそれから10日ほどたったころにやってきました。 3500g近くの大きな女の子、2時間程度の分娩時間でとても安産でした。笑 (一部抜粋)

 

ぎっくり腰の放置は禁止。すぐに処置しましょう

妊娠中は、妊娠前とは体の状態も筋力も変わっています。自分の体を過信せず、無理をしないことが大切です。 

激しい痛みではありますが、きちんと処置することで数日から1週間くらいでかなり回復しますので、落ち着いて対処していきましょう。

  

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

温めてリラックス~つわり時の腰痛の原因と改善法!

妊娠中の腰痛といえば、妊娠後期に大きなおなかが負担になって起こるイメージがありま...

つわりの時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター5タイプ

つわりの時期にやってくる、つらい腰痛。それでもずっと寝ているわけにもいかない人が...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る