カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 食事は人の心・体・生活態度に影響します!子供のための正しい「食育」とは

育児・子供の病気

食事は人の心・体・生活態度に影響します!子供のための正しい「食育」とは

「食育」という言葉は、耳にしたことがある人も多いかと思います。

「食事中のマナーを教えることや好き嫌いをなくさせることかな?」というイメージを持つかもしれませんが、実はそれだけにはとどまりません。

食育の意味をより詳しく知り、子育てに取り入れて子供の健全な成長に役立てていきましょう。

 

正しい食育とは

食育とは、いろいろな経験を通して「食」について正しい知識を身につけ、「食」を選択する力を習得するための教育の取り組みのことです。

さまざまな食べ物があふれている現代では、自分に合った安全で価値のある食べ物を取捨選択していく力をつけていくことが重要です。

食育という言葉は、最近使われるようになったと思われがちですが、初めて登場したのはなんと明治時代です。

 

石塚左玄という人が書いた「食物養生法」のなかで、食は人の心、体、生活態度に影響しており、子供を育てるための基本は「食育」にあるといった内容が記されています。

次に村井弦齋という人が書いた「食道楽」では、「まず智育よりも体育よりも一番大切な食育」と、食育の重要性について記されています。

その後時を経て平成17年に「食育基本法」が成立しました。

 

幼児の食育

家庭でできることとしては、食事の時間を規則正しくすること、マナーを身に着け「いただきます」「ごちそうさま」を言えるようにすること、バランスのとれた食事をとることなどがあげられます。

自分で料理をしてみたり、野菜を育ててみるといったことも食への関心を広げるきっかけになります。

家族でそろって食事をし、食べる喜び・楽しさを共有することや、多くの種類の食材や料理を経験させることも大切です。

 

地域でも農林漁業体験などさまざまな食育イベントを開催していますので、調べて参加してみるのもいいと思います。

 

小さいうちに正しい食習慣を身に着けておくことは、大人になってからの健全な食生活に役立ちます。

すべてのベースとなる「食」について親自身も関心を持ち、子供と一緒に楽しく学んでいけるとよいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/01/16-012764.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

好き嫌いに関する記事

これは知っておかないといけない!幼児期の成長に必要&不足しやすい4つの栄養素

  お子さんの食事の中で不足している栄養素はありませんか?そうはいっても、毎日...

イヤイヤばかりでもうげんなり…どうやったらイヤイヤ激しい2歳児との食事を楽しめる?

  イヤイヤ期…というだけでげんなりしてしまうママパパは、本当に日々の子育てに...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る