カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 食は知育、体育、道徳の基盤!子供には規則正しい食生活週間を

育児・子供の病気

食は知育、体育、道徳の基盤!子供には規則正しい食生活週間を

食育では、食は知育、体育、道徳の基盤となるものとされております。幼児期からできる食育として、規則正しい食生活週間を身につけさせるというものがあります。幼い頃から身についている習慣を大人になってから変えるのは大変です。

 

食事の時間や回数など正しいリズムを習慣付けられるよう、幼児のうちから心がけていきましょう。

  

食事の時間

各家庭の都合によって食事をとる時間帯は違ってくると思います。朝は7時~8時、昼は12事前後、おやつが3時前後、夜は5時から7時くらいの間に食事をとる家庭が多いのではないでしょうか。

 

気をつけたいことの一つとして、夕飯の時間を遅くしないということがあります。近年朝食を食べない子供達が増えているようですが、夕飯の時間が遅いと翌朝もあまりお腹がすかなかったり、寝る前に食べることで胃腸の調子が悪かったりと、朝ごはんを食べたくない状態になりがちです。

 

朝食をとらないと集中力に欠けたり、イライラと攻撃的になったりします。健全な心身の育成には朝ご飯は欠かせませんので、夕飯の時間は遅くならないようにしましょう。

 

 

間食について

2~3歳ぐらいの時期は、偏食が激しくなったり量をあまり食べなくなったりと、栄養面や食事の摂取量に関して親が頭を悩ませる時期だと思います。3食での不足を補うという意味でもおやつは必要です。市販のスナックやチョコレートなどではなく、ふかしたさつまいもやおにぎりなど、添加物が少なく栄養があり、お腹も満たせるものがよいでしょう。

 

夜寝るのが遅い場合、寝る前にお腹が空いてしまい、夜食を食べる子も増えてきているようですが、寝る直前に食べることによる胃腸への負担や、翌朝お腹が空かず朝ごはんを食べないといったことに繋がってきますので、早寝早起きの習慣も同時に身につけさせる必要があります。

 

 

パパの帰りが遅かったり、ママ自身が忙しく食事の準備が遅くなったり、子どもが思うように食べてくれなかったりすることもありますが、少しずつ調整して規則正しい食生活の習慣を身につけていけるとよいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/10/12-009213.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

食事で補えない栄養はサプリメントでお手軽に?そんなときこそ、食を考えるいい機会!

これから成長していく子どもにとって、栄養バランスのとれた食事を摂取することと...

おやつは「間食」? その子の生活スタイルによって、摂るべきおやつの形は変わります!

おやつというと、「甘くておいしい」といったイメージがあるかもしれませんが、そ...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る