カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 病院 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高脂血症 通院治験ボランティアという方法

生活習慣病

高脂血症 通院治験ボランティアという方法

高脂血症は世界中で治療されている病気です。脂質降下剤は世界で一番消費されている薬と言われ、さらに新しい薬もつぎつぎに開発されています。

 

次世代の治療薬を試したい

高脂血症の治療薬は、新しい作用機序の薬が世界中で開発中です。あと少しで使用できるようになる段階の薬は、「治験」といって製薬会社と研究者、医療機関などが準備した薬の効果を調べるプログラムが用意され、ボランティアとしてその新しい薬や治療法を試すことができます。

 

治験は通院もある

治験というと、大学病院で隔離されて…というイメージがあるかもしれませんが、きちんと医療機関で説明を受け、治験に関するリスク等について同意した契約に基づき、行われます。もちろん厚生労働省に認められる前の治療法ですからリスクはゼロではありませんが、こうした公開の治験までには非常にたくさんの安全性試験が行われているため、事故が起こることは少ないと言えます。

 

治験ボランティアという方法

治験ボランティアは、日本治験推進機構などによって募集されています。現在の治療法でなく、新しい治療を受けてみたいという方は、一度こうした治験の情報に目を通してみるのもよいでしょう。

 

積極的に新しい治療方法を取り入れている病院などでは、比較的新しい治療薬を処方しますが、一般的には使い慣れた薬を使用する医師が多いのが普通です。自分の病気ですからいろいろと勉強し、現在通院している医師にフラストレーションがたまるようなこともあるかもしれませんが、そうした医師は、安全で確実な治療をしている信頼できる人ともいえます。治験のような挑戦的なものをどうしても試してみたい場合には、よく考えてから応募しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349508.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

脂質異常症(高脂血症)の治療は何科?

脂質異常症(高脂血症)の可能性があると言われたら病院で本格的な治療を受けた方...

高脂血症 通院の間隔

高脂血症などの生活習慣病は、長期間の通院が必要です。では、大きな体調変化がな...


高脂血症の治療に必要な病院の条件

高脂血症の治療を始めるときに、どんな病院に行くとよいかを知っておくとよいでし...

栄養部のある病院・栄養部のない病院

  脂質異常症(高脂血症)の治療は内科で受けられます。日々病院に通うというより...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る