カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. えび >
  5. 症状 >
  6. えびアレルギー~えびせんは大丈夫?

アレルギー

えびアレルギー~えびせんは大丈夫?

たまごや牛乳といった食物アレルギーは、多くは乳幼児期に発症しその後成長と共に消失していくことが多いです。

 

それに対してえびアレルギーを含む甲殻類のアレルギーは乳幼児期にはあまり見られず、小学生頃からの発症が増加して、成人になってからもそれが継続することの多いアレルギーです。

  

生えびだけダメ

えびアレルギーが疑われるアレルギー反応の中には、生えびを摂取したときだけにアレルギー反応がみられるケースや、生えびを触ったときに触った箇所が腫れるといったケースもあります。

 

多くのアレルゲンとなる食物は、熱処理をすることによってアレルゲンの効力の低下が見られます。

 

えびアレルギーの主アレルゲンは筋肉に主に含まれるトロポミオシンというたんぱく質で、甲殻類アレルギーの原因のほとんどと考えられているものですが、このトロポミオシンは熱によって完全に消失するものではなく、ある程度の熱に対する耐性を持っています。

 

そのため、生えびを摂取したときだけアレルギーが出たり、生えびを触ったときにだけアレルギーが出るという人であっても、熱処理したえびを過剰に摂取するとアレルギー反応が出ると考えられています。

 

えびせんは?

お菓子にもえびの成分が入ったものがあります。こうしたお菓子はもちろん熱処理をしているものですし、一度に大量にエビを摂取することはあまりないですので、えびせんによってアレルギー反応を示すことはあまりありません。

 

しかし、こうしたお菓子でエビを摂取してアレルギー反応が出ないのは、全体の約8割とされていて、えびに対する感受性が強い人は、えびのお菓子であってもアレルギー反応を引き起こすことがあります。

  

 

中にはえびせんを食べただけで、比較的重いアレルギー反応を示すほど敏感なケースもあります。生えびにしか反応しないと思っている場合でも、エビを過度に摂取するのは避けるようにしましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

大人も多い食物アレルギー!えびアレルギーの症状や注意まとめ

えびアレルギーは比較的大人でもよく見られる食物アレルギー。一般的には甲殻類ア...

日本でよく見られる!?えびアレルギーの症状

  食物アレルギーの中のえびアレルギーは比較的よく知られているもののひとつです...


えびアレルギーの人へ!えびと運動の組み合わせに要注意です!

食物アレルギーでは、アレルゲン(原因物質)と運動が組み合わさると症状が出る場合...

えびが原因!?アレルギー性結膜炎

  えびが原因のアレルギー性結膜炎 えびアレルギーの主な症状は、じんまし...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る