カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 幼児食を作るときに注意したい調味料の使い方!香辛料、料理酒は使ってもOK?

育児・子供の病気

幼児食を作るときに注意したい調味料の使い方!香辛料、料理酒は使ってもOK?

離乳食の期間が終わり幼児食へ移行するとき、よく食べる子であれば大人のものを欲しがり、そのまま与えているうちにいつの間にか大人と同じような食事内容になっていた、ということもあるかもしれません。

 

子どももパクパク食べ、親も特別に子供の分を用意しなくてよいので助かるといったこともあるでしょう。

 

実際の育児の現場では育児書通りにいかないことも多いですが、やはりまだ大人とは体の大きさも違い機能も未完成な部分がありますので、子どもの将来のためにも、食事内容に気を配っていきたいですね。

 

幼児食の味付けは薄味にしよう

幼児期のうちは、さまざまな食材の素材そのものの美味しさを知ることが大切です。

 

味付けが濃かったりスパイスを効かせたりしてしまうと素材の味がわかりにくく、濃い味付けのものが美味しいものだと認識してしまうことになります。

例えば、塩分であればよく味わえばわかる程度の塩味にします。

 

薄味はあまり好まないという子であれば、だしを効かせるとよいでしょう。ケチャップやマヨネーズも素材の味を邪魔しない程度に使用するとよいでしょう。

 

香辛料は使っても大丈夫?

唐辛子はもちろんのこと、こしょうなども幼児にとっては少量でもかなりの刺激になりますので、使用しないほうがよいでしょう。

ただ、カレー粉であれば辛味がでない程度の少量を使用して、カレーの風味を出すのに使うことができます。

料理酒やみりんを使ってもいい?

料理酒やみりんにはアルコールが含まれています。これは火を十分に通しアルコールをとばすのであれば使用可能です。

 

調味料は料理に変化を出したりうまみを増したりするのに欠かせません。使用方法には気を付けつつ、子どもが美味しいと喜ぶような食事を作っていきたいですね。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

お弁当の果物、酸化させたくない!バナナとリンゴの酸化防止術☆果物が参加する理由は○○だった

お子さんのお弁当に果物を入れる時、どうしても酸化してしまうことが気になりますよ...

大人が飲んでいるサプリメント、子どもに飲ませるのはOK?NG?子どもへの悪影響とは

大人で足りない栄養を補うために、サプリメントを飲む人はいると思います。その中...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る