カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳アレルギーに多い症状って何?適切に対処するポイントと乳幼児への対応

アレルギー

牛乳アレルギーに多い症状って何?適切に対処するポイントと乳幼児への対応

牛乳や乳製品などの食物をメインで起こしやすいアレルギーには実に様々な症状があります。

 

アレルギー症状で病院を受診した即時型食物アレルギー患者さんの症状の出現頻度は主に下記のようになります。(「食物アレルギー診療ガイドライン2012」より)

 

1.皮膚   88.6%

2.呼吸器  26.8%

3.粘膜   23.8%

4.消化器  23.8%

5.ショック 10.9%

 

最も頻度の高い症状は皮膚症状ですが、重症のショック症状も10.9%存在しますので油断は禁物です。特に発症初期には注意が必要です。

食物アレルギーでは以下のような全身多彩な症状が起こります。

1. 皮膚の症状

かゆみ・蕁麻疹・発赤・湿疹

 

2. 眼の症状

結膜の充血・かゆみ・涙・まぶたの腫れ

 

3. 口・のどの症状

口の中の違和感・腫れ・のどのかゆみ・イガイガ感

 

4. 鼻の症状

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

 

5. 呼吸器症状

息が苦しい・咳・ゼーゼーする・のどの詰まった感じ・声がれ

 

6. 消化器症状

腹痛・吐き気・嘔吐・下痢・血便

 

7. 循環器症状

頻脈・血圧低下・手足が冷たい・蒼白

 

8. 神経症状

頭痛・元気が無い・ぐったり・意識障害・不穏

 

9. アナフィラキシー

 

これらの症状は、幼少時に発症し、大きくなる(成長する)につれて、改善してくるものがほとんどです。

 

アトピー性皮膚炎の中では乳製品などが原因で起こるケースは乳幼児では40%もありますが、成長に伴い徐々に減り、学童以上では10%以下になるようです。

成人しても軽い皮膚症状の残る方がいますが、そういう場合でも重篤なショック症状を起こすことは稀なようです。

 

幼少期の牛乳や乳アレルギーは、他の食物と違い、比較的アレルゲンを除去しやすいことが特徴です。気長に付き合う覚悟で、根気強く対応していきましょう。

 

複数の臓器に重い症状がでる!?即時型アナフィラキシーについて    

牛乳などが原因で起こる食物アレルギーは、食後2時間以内に体中が赤くなったり、蕁麻疹が出たりする即時型が典型的ですが、その他にもいろいろなタイプがあります。

 

即時型とは?

食後2時間以内に、蕁麻疹、咳、呼吸困難を起こしてくるタイプです。

食物に対して作られたIgE抗体が主な原因と考えられています。

皮膚症状と呼吸器症状など複数の臓器の症状が同時に起き、重症の場合、特にアナフィラキシーと呼ばれます。

 

アナフィラキシーとは?

即時型食物アレルギー反応の中でも蕁麻疹や腹痛だけなど一つの臓器にとどまらず、複数の臓器に重い症状があらわれるものを呼びます。

 

1. 皮膚(蕁麻疹や発赤・かゆみ)

2. 呼吸器(咳、くしゃみ、ぜーぜー、呼吸困難)

3. 消化器(腹痛・嘔吐)

4. 循環器(脈が速い、血圧低下)

5. 神経(活動性の変化、意識の変化)

 

牛乳や乳製品で起こることは少ないとはされていますが、抗原特異的IgE抗体が高値だと、まれにアナフィラキシーを起こす場合があります。

 

このような症状が起きた場合は放置せずに、かならず専門医を受診して下さい。

 

食物以外でも、アナフィラキシーは薬物やハチ毒などが原因で起こります。血圧低下や意識障害などのショック状態を伴う場合は、アナフィラキシーショックと呼び、生命を脅かす危険な状態です。

 

ショックを起こした場合は、アドレナリン自己注射器(エピペン)があった場合はすぐに実施し、救急車を呼びましょう。

 

アドレナリン自己注射などがない場合は下肢を上げ、呼吸のしやすい体制を保ち、救急車が到着するのを待ちます。救急隊員にアナフィラキシーショックであることを告げ、早急な処置をしてもらうことが必要となります。

 

食物アレルギー症状に適切に対応するためのポイント

食物アレルギーの予防治療としては、原因食物の除去が基本です。

しかし、誤ってその原因食物を誤食してしまった場合は、アレルギー症状に適切に対応する必要があります。

適切に対応するためには以下のようなポイントがあります。

 

適切に対応するためのポイント

1. 迅速に対応する

症状の進行が速く、急速に悪化してアナフィラキシーいなることがあります。

 

2. 症状に応じて対応する

個々の症状やその重症度を落ち着いて観察し、その情報に基づいて対応を決定します。症状が複数の場合は、最も重症な症状に基づいて対応します。

 

3. 全身症状(神経症状)に注目する

まず、機嫌や元気さを評価しましょう。元気がなくなり、不機嫌となって活動性が鈍った場合は中等症以上(アナフィラキシーに相当)と判定されます。

早急に医療機関に受診させます。ぐったりして動かなくなる、興奮したり、意識がもうろうとなる、ときに意識が消失する場合はきわめて危険な状態(アナフィラキシーショック状態に相当)であり、大至急、救急車等で医療機関に搬送する必要があります。

 

4. 呼吸器症状に注目する

喉頭浮腫が進行すると窒息の危険性すら生じます。喉頭浮腫の治療にはアドレナリン注射薬(自己注射薬エピペン、病院ではボスミン)が必要です。

したがって、喉頭浮腫の症状を認めたら大至急、医療機関を受診させましょう。

喘息発作との区別が難しい場合がありますが、いずれの場合も呼吸困難の症状が見られたら、緊急に医療機関を受診させましょう。

 

喉頭浮腫の症状

のどの違和感や咳払いから始まり、イヌやオットセイが吠えるような甲高い咳が出現します。

軽症だと単発的ですが、進行すると断続的に咳こむようになります。声がかすれたり、出しづらくなることも喉頭浮腫の特徴です。

 

呼吸困難の症状

軌道が狭くなるため、進行すると上半身を揺らすようにして懸命に呼吸をします(努力呼吸)。

また、呼吸回数が増えたり、逆に減ったりすることも要注意です。

喘鳴を伴うことがあります。重症化すると息苦しさのため話ができなくなったり、つばを飲み込めなくなったり、横になれなくなったりします。

これは一刻も放置できない危険な状態です。

 

5. ハイリスク児は早めに医療機関を受診させる

過去にアナフィラキシーやショックの既往があれば、その原因食物を誤食した場合は、軽い症状が出現した段階で医療機関を受診させましょう。

初発の食物アレルギー症状への対応も同様です。

 

6. 緊急時用の医薬品を準備しておく

アナフィラキシーに有効な治療薬はエピペンです。抗ヒスタミン薬、気管支拡張剤、ステロイド剤はあくまでも補助的に用います。

 

アナフィラキシーショックになると血圧や心拍数が低下し、呼吸停止や心停止に至ることがあるため、心肺蘇生の必要性を常に考慮する必要があります。

日頃からアレルギーの症状には十分留意し、重篤な状態にい陥る前に速やかな行動を心がけることが大切です。

 

乳幼児の牛乳・乳アレルギーを見逃さないで!アレルギーによくある症状

食物アレルギーにはさまざまな症状があります。子どもがアレルゲン(原因物質)を口にしてすぐじんましんが出るなど、分かりやすい症状では早くアレルギーに気づくことができます。

 

しかし、牛乳・乳アレルギーは気づくのに遅れるケースも多いそうです。

 

牛乳・乳アレルギーは消化器症状が多い

じんましんの他、下痢や便秘、腹痛などの消化器症状も多いのが、牛乳・乳アレルギーの特徴です。

これらの症状は、風邪や普通の便秘と混同され、原因が牛乳であることに気づくのが遅れがちです。

 

遅延反応が起こりやすい

牛乳・乳製品を食べてすぐに異変があれば、今食べたものが原因ではないかと思い至ります。しかし、牛乳・乳アレルギーは、食後数時間~数日後に症状が出る遅延反応もしばしばみられます。

 

そのため、症状が出た時には、暫く前に食べたどの食品が原因なのか判断がつきにくくなります。

 

こんな症状は牛乳・乳アレルギーの疑いあり

◆夜泣き

腹痛や不快感、便秘が酷く、夜泣きになって表れることがあります。

赤ちゃんが夜泣きをするのは当然のことですが、便秘や下痢をしている、連日夜泣きが続くなど気になる点があれば、牛乳・乳アレルギーも疑ってみましょう。

 

◆アトピー性皮膚炎

牛乳・乳アレルギーでは、アトピー性皮膚炎の併発が多いそうです。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係は、他の食品でも取り沙汰されています。1度検査したほうが良いでしょう。

 

乳幼児の発症が多い牛乳・乳アレルギーでは、まだ体調の変化を言葉にできない子どもの様子から判断しなくてはなりません。疑わしいことがあれば、早目に検査を受けましょう。

 

赤ちゃんが牛乳・乳アレルギーの場合、ミルクはどうする?

0~2歳代の発症が多い牛乳・乳アレルギー。除去食で症状は抑えられ、代替食でカルシウムやたんぱく質の不足を補えます。

 

しかし、母乳・ミルクから栄養を摂らなくてはならない乳児はどうしたらよいでしょうか?

 

アレルギー対応の粉ミルク

粉ミルク、母乳と粉ミルクの併用をしているなら、一般的な粉ミルクは避けましょう。牛乳の成分が含まれているので、アレルギーの原因になります。

 

フォローアップミルクも同様です。まずは病院でアレルギー検査を受け、アレルギー対応のミルクを選びます。

 

アレルゲンのカゼインとβラクトグロブリンを全く含んでいないもの、どちらかのみ少量含まれているもの、両方がわずかに含まれているものなど、種類が豊富です。症状の強さなどに合わせ、小児科で相談して選びましょう。

 

母乳の場合は母親の食事に気を付ける

母親の食べたものが、母乳に影響します。子どもが牛乳・乳アレルギーなら、母親も乳製品の摂取を避けましょう。

 

母乳自体は子どもの免疫を強化し、大切な栄養素をたっぷり含む大切なものです。怖がらずに、しっかり乳製品を除去して母乳をあげてください。

 

栄養のウエイトは、徐々に離乳食へ

本当に母乳・ミルクしか口にできないのは、生後半年くらいまでです。徐々にではありますが離乳食が進み、食事から栄養の大半を摂れるようになります。

 

離乳食が完了すれば、ミルクもやめて大丈夫です。他の食品で栄養を補えば、成長の遅れなどを心配する必要はありません。

 

赤ちゃんで牛乳・乳アレルギーでも、きちんと栄養を摂る方法はあります。まずは病院へ行き、適切な対処を医師と相談しましょう。

 

新生児に出やすい血便・下痢症状は「乳児消化管アレルギー」かも

生まれたばかりの新生児に、母乳や人工栄養としてのミルクを飲ませたとき、母乳やミルク中の食物タンパクが原因となり、新生児や乳児が血便・下痢などの消化器症状を起こす病気があります。

 

この場合、IgE抗体の関与は少なく、細胞性免疫が重要と考えられています。

 

牛乳アレルギーには専用のミルクを

人工栄養児でミルクアレルギーと診断された場合は、牛乳アレルギー用ミルクを使用してください。

 

よく乳糖除去ミルクでも大丈夫なのでは?という質問を耳にしますが、乳糖除去ミルクには乳タンパク質が入っており、牛乳アレルギー用ミルクとしては使用できません。

 

また、牛乳アレルギー用ミルクにも、タンパク分子量の大きさや乳糖含有に違いがあるので、一概に大丈夫というわけではありません。

主治医の先生によく相談してみてから、使用するようにしてください。

 

母乳栄養でもアレルギーはある

良く、母乳栄養はアレルギーを起こさないという噂を耳にします。

しかし、母乳栄養児の一部には、母乳を介したアレルゲンにより症状が悪化する場合があります。

しかし、心配な場合でも自己判断で除去することはよくありません。

必ずアレルギー専門医に相談し、除去が必要かどうかを慎重に判断してもらってください。

 

もしお母さんの食事からアレルゲンの除去が必要な場合でも、通常は厳しい除去は必要なく、赤ちゃんの症状が改善していきます。

また数ヵ月後にはお母さんの食事除去が不要になることが多いようです。

 

どちらにしても自己判断や勝手な思い込みは、症状を悪化させたり、逆に赤ちゃんの免疫力を下げる結果になったりします。

 

「おかしいな?」「なぜ?」と思ったら必ずアレルギー専門医に相談し、適切な処置をすることをお勧めします。

 

食物アレルギーがある乳児の離乳食の進め方は?乳製品とアレルギーの体験談あり

食物アレルギーのある赤ちゃんの離乳食は、どのように進めたらよいのでしょうか?

 

食物アレルギーがある乳児、どうやって離乳食を進める?

食物アレルギーがあることを理由に、離乳食開始の時期を遅らせる必要はなく、アレルゲンと診断された食品以外を用い、離乳食を開始していきます。

 

もともと1品ずつ進めていく時期ですので、栄養面にも配慮しながら進め方の工夫をしていくことで、食品除去の必要性がない乳児と同じペースで離乳食を進めていくことが可能です。

 

基本的には、離乳食の開始自体を遅らせる必要はなく、ベビーフード、インスタントの調味料、加工食品を用いずに新鮮な材料を使用して積極的に進めていきます。

アレルギーを起こしにくいものから始め、1歳になった時点で、原因食品以外の食品はできるだけ多くの種類を食べていることを目標とします。

 

離乳食品はもともと1品ずつ開始していくものです。

既に食物アレルギーと診断されている場合には、その食物を食材として使用しないことにより対応します。

 

牛乳アレルギーの食事療法のポイント

タンパク質としての栄養面の代替は簡単ですが、カルシウム源としての代替が必要となります。

牛乳90ml(コップ1/2杯)中のカルシウム(100mg)の代替の目安としては、以下のようなものがあります。

 

・牛乳アレルゲン除去調製粉乳…180ml

・木綿豆腐…83g(1/5~1/4丁)

・桜エビ(干)…5g

・ししゃも(生干)…33g(1.5尾)

・ひじき(乾物)…7.1g

・小松菜(生)…60g

 

吸収の良いカルシウム源として、牛乳アレルゲン除去調製粉乳による代替えが可能ですが、これは分子量を小さくすることにより生体内でアレルゲン性を示さないようにしたもので、加水分解乳とアミノ酸乳があります。

それぞれのミルクの抗原性や味には差があり、育児用粉乳としての評価のための哺育試験が実施されています。

 

カゼインは加熱による低アレルゲン化が全く起こらないので、調理時の混入には注意が必要です。

乳糖には乳蛋白質が含まれますが、ごく微量なので多くの牛乳アレルギーの方には安全に摂取できます。

 

牛乳アレルギーのある乳児を持つ親は、どうしても牛乳アレルゲン除去調製乳に頼りがちで、離乳食の開始を遅らせる傾向がありますが、牛乳アレルゲン除去調製乳にはビオチン(皮膚や粘膜、爪などの健康維持を助けるビタミン)がほとんど含まれていないため、適切な時期に離乳食を開始しないと「ビオチン欠乏症」(疲労感や食欲不振などと皮膚や毛髪のトラブル)を発症する可能性がありますので、注意が必要です。

 

「離乳食と乳製品のアレルギー」に関する体験談

プレーンのヨーグルトを購入し、小さじ1からスタート。いつもどおりにうどんや野菜をあげたあとデザートとしてヨーグルトを与えました。一口目は初めて食べる物なのでなんだろう?というような表情でしたが吐き出す様子もなかったので少量で結局4口分あげました。いつもの癖で口の中に指を入れ、さらに眠くなってきたのか、目を擦り始め数分すると徐々に目の周りが真っ赤に。さらにヨダレとともに口周りも真っ赤に。

(カラダノート体験談-投稿者マイリズムさん~離乳食2ヶ月目:ヨーグルトアレルギー-)

 

おそらくはアレルギーでしょうということで血液検査をしてもらった結果、乳製品はレベル0でアレルギーなしの判定。卵はレベル2で軽度のアレルギーとの判定が出ました。お医者さんからはレベル0でもアレルギー反応が出ることはあるし、レベル2でも反応が出ない場合があるので、血液検査の数値だけでは一概にアレルギーの有無を断定できないとのことでした。

(カラダノート体験談-投稿者くぼえみさん~これはアレルギー!?初めての離乳食は不安でいっぱい!-)

 

一歳を過ぎたら牛乳もボチボチ飲むと思います。私は牛乳があんまり好きじゃなかったけど、牛乳寒天なら美味しく食べられました。 アレルギーが大丈夫な子にはこれもオススメです。

(カラダノート体験談-投稿者もふもふひつじさんさん~離乳食完了期、おやつは何をあげる?-)

 

ただ、離乳食の本に「6ヶ月から」と書いてあったヨーグルトのメニューで下痢をさせてしまったりしたので、「結構加減が難しいな」と悩んだりしたものです。離乳食のメニューにはよく「○ヶ月」と書いてありますが、アレルギーが多い食材(卵、牛乳、小麦)は本の通りではなく、慎重に子供の様子を見て、場合によっては遅らせてもいいような気がしています。

(カラダノート体験談-投稿者mikanman09さん~初めての離乳食の思い出-)

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/10/23-372031.php )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

食物アレルギー、小麦!小麦を除去した食事法と生活のポイント・代用食品

小麦アレルギーは、アレルゲンを摂取した後に運動をするとアナフィラキシーショッ...

えびでアナフィラキシーを起こしたら…準備が肝心!エピペン使用のタイミング 突然の発症へのシュミレーション

えびアレルギーでは、激しい症状がでるアナフィラキシーショックに至るケースも多...


卵アレルギーと魚卵 ~食物アレルギーの食事療法や代替え食材など~

  卵アレルギーというと一般的には鶏卵を指します。卵アレルギーという言葉を改め...

除去食と代替食の違いって?食物アレルギーへの耐性をつけるには?除去のポイントは?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。 原因となる食物を取...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る