カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 血中の脂の塊であるリポ蛋白の異常?脂質異常症の定義とは

生活習慣病

血中の脂の塊であるリポ蛋白の異常?脂質異常症の定義とは

 

脂質異常症とは、血清脂質あるいはリポ蛋白が異常高値を示すものを言います。これは以前「高脂血症」と呼ばれていた名称が、2007年に日本動脈硬化学会から出されたガイドラインの中で「脂質異常症」に変更されたものです。

 

コレステロールやトリグリセライドは水に溶けない『脂』です。

水が主成分である血液にはそのままの形では溶けません。そのため、これらの水に溶けない『脂』の周囲を親水性のアポ蛋白やリン脂質で覆われたものを「リポ蛋白」と呼び、このリポ蛋白が血液中に存在しています。

 

血液検査で測定するコレステロールやトリグリセライドは、このリポ蛋白中のコレステロールやトリグリセライドを表しています。

 

脂質異常症の定義とは?

12時間以上の絶食時に測定した血清コレステロール値が以下のようなもの脂質異常症と言います。

 

1) LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値140mg/dl以上
2) トリグリセライド値150 mg/dl以上
3) HDLコレステロール(善玉コレステロール)値40 mg/dl以下

 

脂質異常症は、血中の脂の塊であるリポ蛋白の異常を認めます。このリポ蛋白の構造が解明されたことで、脂質異常症の詳細がわかるようになりました。

 

リポ蛋白の粒子タイプや比重、性質が判明したことで、現在は脂質異常症を6つに分類できます。(Ⅰ型、Ⅱa型、Ⅱb型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型:WHO分類)

脂質異常のWHO分類では、患者の9割以上はⅡa、Ⅱb、Ⅳ型のいずれかで、食事由来の脂肪摂取増加やリポ蛋白代謝における先天的、後天的異常で脂質異常症が発症していると言われています。

 

要するに、単純に考えれば、脂質異常症のほとんどは食事の改善によって、その症状が改善可能ともえるのですがやはり長年の食事習慣や生活習慣はそう簡単には改善できないものです。

 

脂質異常症が動脈硬化性疾患のハイリスクであることを知り、食事療法・運動療法・薬物療法を併用し、適した治療を行うことが肝心だと言えます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/05-381666.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

LH比とはコレステロールのバランスを示す!~動脈硬化の予防~

  LH比とは、LDHコレステロールとHDLコレステロールのバランスを指し...

実は遺伝が原因かも…?遺伝による高脂血症(脂質異常症)

  高脂血症の主な原因と言えば生活習慣です。ですが、中には家族性の高脂血症...


遺伝的に脂質異常症(高脂血症)が起こる「家族性脂質異常」とは?

家族性脂質異常症は、遺伝的な要因で起こる高脂血症です。健康的な生活を送ってい...

運動不足や飲酒、喫煙など…生活習慣からみる病気の可能性とは?

    悪い生活習慣が病気の原因となる場合があることは、みなさんもご存じだと...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る