カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

男性のカラダの悩み

腎臓に尿が溜まる水腎症

 

尿を作り蓄積する腎臓に、大量の尿つまりは水分が蓄積されるようになることを水腎症と呼びます。
水腎症と言っても腎臓全体が溜まった水分で膨脹するのでは無く、腎盂と腎杯という尿を溜め込む器官が一部異常に膨脹する疾患なのです。

このような状態は、腎臓から尿が流れ出る尿路が閉塞することによって発生することとなります。

■尿道閉塞による水腎症


●腎臓ではなく尿路の異常
水腎症という病名から、腎臓に異常がある疾患と思いがちですが、この疾患は腎臓で作られる尿が運ばれる尿路が閉塞するという尿路障害によって引き起される疾患です。

●腎臓に尿が溜まり拡張
尿路が閉塞することで尿の流れが停滞し、腎臓に尿が蓄積され、腎盂や腎杯など尿を溜める器官が異常に拡張されることが、水の溜まった腎臓つまりは水腎と表現されるのです。

●拡張され萎縮する腎実質
腎盂と腎杯が拡張すれば、腎臓の組織である腎実質は萎縮し、腎臓の機能が損なわれていきます。

●後天的な水腎症原因
この水腎症は尿路の閉塞が原因であり、その原因を作り出す後天性疾患が発症しています。
たとえば、腎尿路を塞ぐ、結石であったり、腫瘍であったり、炎症による腫れによって尿路が塞がってしまう場合などが考えられるのです。
この場合、原因となる疾患を治療することが水腎症の根治治療となります。

●先天的な水腎症の原因
尿路閉塞による水腎症が、意外ですが小児にも起こりえる疾患です。この場合先天的に尿路に異常を持って生まれてきた小児に発症する場合がほとんどとなります。

後天的な尿路閉塞による水腎症であれば、その原因となる疾患を治療することで治すことができますが、厄介なのが先天的な尿路障害が原因の場合です。
原因となる疾患がなく、先天的な異常であるため、手術などで直接的に尿路障害を解消するしか治療の方法はありません。
先天的な尿路障害は放置することで、水腎症だけでなく尿路へのダメージも蓄積するため、可能な限り早期の治療が必要となります。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/5892)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

泌尿器に関する記事

300人に1人の病気!尿道下裂とは

  300人に1人の割合でみられる泌尿器の病気が尿道下裂という病気です。 尿...

尿道が痛い・排尿痛のときはこんな病気の可能性が!

尿道は性器や腎臓の病気の症状がもっとも出やすいところです。おしっこをするとき...


不快な残尿感・・・その原因とは?!

  排尿すると言うことは、身体にたまったあらゆる不要な成分を水分と一緒に身...

血尿の出方でわかる泌尿器の病気

  血尿とは血が含まれる尿のことです。尿の色に血の色が少し混じったような血尿も...

カラダノートひろば

泌尿器の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る