カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 泌尿器 >
  5. 尿管が拡張される!水尿管症

男性のカラダの悩み

尿管が拡張される!水尿管症

 

尿が流れる経路である尿路が閉塞し、尿が尿管にとどまり、蓄積することで溜まった尿により尿路が拡張されることとなってしまいます。
この尿路の拡張が水尿管症です。
原因となる尿路障害が解消されない限り、この水尿管症も治ることはありません。

■尿路障害に伴う水尿管症


●尿の通過障害による尿管の拡張
何らかの原因で尿を通過させる尿路が閉塞し、尿が停滞し蓄積することで、塞がった尿管が拡張されてしまう疾患です。
尿路の異常だけで無く、尿の流れを停滞させるあらゆる疾患や障害によって引き起されることとなります。

1.先天的な尿路障害
生まれつき尿路に障害をもつ場合など、成長の過程で尿管が拡張した状態で形成されやすく、水尿管症のリスクがかなり高くなってしまいます。

2.後天的な尿路障害
尿路障害となる後天的な疾患となると、全てを挙げることが難しいほど多岐にわたってしまいます。
代表的なものから、癌も含めた泌尿器の腫瘍や結石を伴う疾患から、様々な感染症の炎症を原因とする場合も考えられます。

●水腎症との合併
尿路障害を同じく原因とする水腎症と合併することがほとんどです。尿の流れた停滞し、蓄積することで、尿管と腎盂・腎杯が同じく拡張することとなります。

●泌尿器の癌の存在を示唆
基本的に自覚症状のない泌尿器の癌の存在を示す疾患でもあります。
あくまで癌の間接的な影響で有り、原因となる疾患は他にも多く存在しますが、水尿管症と水腎症を検査することで癌を発見することに繋がることもあるでしょう。

この水尿管症と水腎症は、原因が同じで有るだけで無く、共に泌尿器に癌が存在する可能性を示唆することに繋がります。
もちろん前述したように他の原因も多く存在し、確定するような要因ではありませんが、水尿管症を検査するなどの段階で、悪性の癌を見付けることは充分期待できるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1662?title=%E6%B5%84%E8%93%AE%E3%81%AE%E6%BB%9D&c_id=3)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

泌尿器に関する記事

300人に1人の病気!尿道下裂とは

  300人に1人の割合でみられる泌尿器の病気が尿道下裂という病気です。 尿...

血尿の出方でわかる泌尿器の病気

  血尿とは血が含まれる尿のことです。尿の色に血の色が少し混じったような血尿も...


腎臓に尿が溜まる水腎症

  尿を作り蓄積する腎臓に、大量の尿つまりは水分が蓄積されるようになること...

尖圭コンジローマと梅毒は間違われやすい?

  男性にとって泌尿器の気になる病気と言えば、梅毒などの性病でしょう。 も...

カラダノートひろば

泌尿器の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る