カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 男性の性病(STD) >
  5. 性感染症であるAIDSの危険性を理解しよう

男性のカラダの悩み

性感染症であるAIDSの危険性を理解しよう

 

あの有名な後天性免疫不全症候群、すなわちAIDSは、今や世界中で認知されている危険なウィルス性感染症です。
その感染経路に性交渉が含まれており、性病のひとつとして認識されていることも、今では誰もが知ることでしょう。

AIDSのウィルスは血液感染であることが有名ですが、正しくは体液感染で有り、その体液に精液や膣分泌液が含まれ、性交渉で感染する性病となっているのです。

■AIDSは性感染症


●AIDSの性的感染
AIDSは一般に血液感染として知られていますが、その感染源の定義には、体液として血液だけでなく、精液から膣分泌液、そして母乳も含まれているのです。
そのため激しい性交渉などによってそれらの体液が粘膜や傷口などに付着することで性的感染を起こすことが考えられ、今のAIDS患者の感染原因の大半がそうした性交渉となっています。

●AIDSによる免疫不全
AIDSは感染することによって感染者の免疫や抗体を徐々に破壊して、後天的な免疫不全を引き起す感染症です。
AIDSが発症することで免疫力がほとんど失われ、通常なら全く問題が無い細菌から身を守ることもできなくなってしまい、最後には命の危険に至るのがAIDSの恐ろしさなのです。

●適切な治療でAIDSの危険が低下
ただし、医療技術の発達によって適切な治療を継続して行なえば、たとえAIDSに感染したとしても、通常の人と変わらない寿命を全うできるようになってきています。

●感染防止
今のところAIDSに感染すれば、その後一生感染を広げないために注意することが必要となっています。
現代医療でもその症状を抑え、寿命を全うさせることが限界で有り、人体からそのウィルスを取り除くことはできないのです。

今やAIDSの治療技術も向上し、AIDSによって死ぬ危険も少なくなってきています。
ですが、AIDSが一生の病気である不治の病であることは変わっていません。
これ以上のAIDS感染を防ぐためにも、感染防止のための知識を周知することが必要なのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7038)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

男性の性病(STD)に関する記事

女性のコンジローマの症状を男性が見つけたらすること

  コンジローマは性感染症のひとつで、その感染率は決して低くはありません。 ...

性病は感染力が弱いって本当?

  AIDSや淋病、梅毒など性病は一度感染が広がれば、爆発的に感染が広がり...


男性コンジローマ再発を引き起こす原因と対策

コンジローマはヒトパピローマウイルスによって引き起こされる性感染症のひとつで...

性感染症に早目に気付くために-性病の郵送検査キットを利用しよう

  性病・性感染症は早めの発見と治療が重要です。とはいってもなかなか自覚症状の...

カラダノートひろば

男性の性病(STD)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る