カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. ED(勃起不全) >
  4. 症状 >
  5. 新婚性EDは特殊な環境下でのトラウマが原因!?

男性のカラダの悩み

新婚性EDは特殊な環境下でのトラウマが原因!?

 

特に若い世代のEDとして多いのが、主にお見合い結婚による新婚夫婦のED、つまりは新婚性EDです。
この新婚性EDは新婚初夜という特殊な環境によるプレッシャーによる性交渉の失敗がトラウマとなり、その後の夫婦の性交渉が断絶するという、言わば環境によるEDなのです。

■誤解による新婚性ED


●新婚時の初夜の失敗
新婚性勃起不全は、主に新婚の初夜において性交渉に失敗することで、その後の性交渉が行なわれない、つまりはEDの状態が続いてしまう新婚インポテンスです。
多くの場合、長期に渡って性交渉が断絶し、別居もしくは離婚に至る非常に重大な結果に繋がります。

●多くが心因性のストレスによるもの
新婚のそれも男性側の新郎であればなおさら、将来へのプレッシャーや責任感、そして環境変化への心因性のストレスに苛まれているものです。
その巨大な心因性のストレスを考慮すれば、新婚初夜で初めての性交渉に成功することは非常に難しいと言えるでしょう。
そしてその失敗がさらなるトラウマとストレスを生み、本格的なEDの状態となってしまうのです。

●最初のすれ違いによる誤解
初夜の失敗はあくまで新婚時という特殊な環境での失敗で有り、その後いくらでも挽回することができるのです。
しかし、性知識が不足し、その時の失敗からお互いに生殖機能への不安を抱え、すれ違うことでその後の性交渉の断絶に至るケースが多くなります。
まずはその誤解を解消することが、新婚性EDへの有効な対処となるでしょう。

一度の性交渉の失敗が男性機能の不全であると断言するのは明らかな間違いで有り、性に関する正しい理解があれば回避できる些細な勘違いなのです。
新婚性EDが長期化する原因は、その問題を夫婦間だけで留め外部に秘密にすることが最大の原因となります。
積極的にカウンセリングなどを活用し、お互いのすれ違いによる誤解を解消することが特効薬となるでしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7038?title=%E7%AC%91%E9%A1%94%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC2)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

「勃起できない=性欲が無い」ではない!

  勃起機能は男性の性欲と直結した機能と言えます。 そのためEDとなり勃起...

EDは不妊症ではない!性機能障害の一種「ED」について

  EDは性機能に関わる障害の一つで有り、良く不妊症と同一視されますが、決...


知っておきたいED(勃起不全)の初期症状

  ED(勃起不全)は早めに気づけば早めに治療できることも多いです。心理治療な...

自己暗示による「思い込みED」とは?

  身体的に健康な若い世代における勃起不全、EDの多くは心因性勃起不全が多...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る