カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 男性ホルモンテストステロンの減少による男性の更年期障害とは

男性のカラダの悩み

男性ホルモンテストステロンの減少による男性の更年期障害とは

 

これまで女性の更年期障害は広く知られても、男性の更年期障害はほとんど知られることはありませんでした。
それは、男性の更年期障害の原因となる男性ホルモンのテストステロンの減少が、女性のエストロゲン減少よりも緩やかで、症状が現れにくく、障害を確認することが難しかったからです。

そして男性の更年期障害の症状は単に「年のせい」とされ、その症状や障害によるデメリットの責任は全て本人に降りかかることになっていました。

 

 

●テストステロンの減少は緩やか
女性の更年期障害は卵巣ホルモンであるエストロゲン欠乏によるもので、その減少速度も速く、はっきりとした症状が現れるため、これまで更年期障害は女性の病気と思われていました。
しかし、実際には男性も加齢によって男性ホルモンテストステロンが減少し続け、緩やかであっても確かに更年期障害が進行していることが最近になって分かったのです。
テストステロンの減少が、エストロゲンよりも格段に緩やかで有り、症状も現れづらいため、これまで注目されることがありませんでした。

●誤解されやすい更年期障害の自律神経失調症
更年期障害の内、自律神経失調症となる諸症状は、非常に誤解されやすい症状です。
けだるい全身倦怠感など、人から見ればただ単に怠けてだらけているだけのように思われがちとなります。
実際に、その倦怠感は本人にはどうしようも無い重度の場合も有り、れっきとした病気の一症状なのです。

●対人関係にも影響
男性の更年期障害は認知されづらく、精神症状によるイライラやうつ症状など病気では無く本人の正確だと誤解され、対人コミュニケーションに大きな影響を与える事となってしまいます。
男性の場合、周囲の認識不足からほとんどの症状が「年のせい」として片付けられてしまうのです。

しかし、実際には年のせいなどでは無く、更年期障害により心身の不調によって引き起された問題であることが大半なのです。
これから男性の更年期障害に関する認識を広げる必要があるでしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5510)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

心・体・性の症状を引き起こす!男の更年期症状との上手な付き合い方とは?

  女性は閉経などのタイミングで、よく更年期障害を発症させてしまうケースが...

更年期症状は男性にも起こりうる?チェックリストでチェックしてみよう!

  更年期の症状と聞くと、女性が発症するものだと思われがちですが、実は男性...


その不調、もしや男性更年期の症状?~めまい、肩こりなど

男性更年期の症状は分かりづらく、単なる疲れやほかの疾患と混同しがちです。日常生...

その症状は男性更年期(LOH症候群)?セルフチェック17項目

  男性ホルモンのテストステロンが減少して起こるさまざまな不調を「LOH症...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る