カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 乗り物酔い >
  5. 飛行機で起きる乗り物酔いを解消

気になる病気・症状

飛行機で起きる乗り物酔いを解消

 

飛行機に乗ったとき、激しい揺れや振動に遭うと気分が悪くなり、気持ち悪くなることがあります。
耳の奥にある三半規管がバランスを失い、体調が崩れてしまうことで起こる乗り物酔い、その仕組みや対処療法をご紹介します。

 

原因

睡眠不足空腹感食べ過ぎ飲み過ぎのまま飛行機に乗る。
②飛行機が乱気流を通り過ぎる間、縦に揺れる。
などが考えられます。
座りっぱなしの姿勢というのは、思ったよりもしんどいもので、慣れていないとストレスも吐き気に加担することがあります。

 

症状

顔色が白くなる、冷や汗が出る、生あくびがでる、頭痛がする→気分が悪くなる、心臓の動悸を感じる→吐き気

 

防止法

座席を倒して、衣服をゆるめ、深呼吸する。
冷たい水でうがいをする。
乗り物酔いをしないと自己暗示をかける。

 

民間療法

梅干し を食べて気分変える。
飴やガムを食べて、注意をそらす。
・ハンカチなどに染み込ませたよい香りをかぐ。
リンゴ持ち込んで食べる。
・同乗のお友達と楽しく会話する。
・睡眠をとる。

乗り物酔いする不安がある方は、搭乗中の読書や携帯をしないようにすると効果的です。

 

ツボ治療

1、内関・・・手首の付け根から肘の方に向かって約3センチの場所を、揉み解していきます。
2、築賓・・・内くるぶしから膝に向かって約10センチの骨にそって痛みを感じる場所を、約10秒~1分ほど押して刺激します。
3、地機・・・上記の築賓から、膝側に約10センチの骨にそって痛みを感じる場所を、約10秒~1分ほど押して刺激します。

 

搭乗前に上記のツボに置き針をしたり、お灸をして刺激するのも良いとされています。

 

治療

飛行機は幸いなことに外が見えないので、酔い止めを飲んだり(機内にあり)、音楽を聴きながら寝てしまいます。

 

まとめ

普段からストレッチダンスマットの回転運動などをして、揺れに対して内耳が強くなるように鍛えると、飛行機搭乗の経験不足を克服して、快適な空の旅が楽しめるかもしれません。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/08/08-348826.php)

 

著者: toragaraさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乗り物酔いに関する記事

乗り物酔い防止薬…どれが効く!?抗ヒスタミン薬、抗コリン薬、アミノ安息香酸エチル

乗り物酔いには様々な対応策がありますが、その中で乗り物酔いの薬にはどのような成...

それでも乗り物酔いになってしまったら

    乗り物酔いをしないために、睡眠をしっかり取って薬も飲んで遠くの景色を...


乗り物酔いしやすい方必読!乗り物酔いについての豆知識

  乗り物酔い 旅行の季節、船・飛行機・自動車・電車などの乗り物に乗って、め...

精神状態や視覚まで 乗り物酔いにはいろいろな原因がある!

乗り物酔いは三半規管が刺激された結果発生する自律神経の失調状態です。 では、そ...

カラダノートひろば

乗り物酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る