カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳 >
  5. 治療 >
  6. 栄養面での配慮が大切 食物アレルギーへの食事療法の基本

アレルギー

栄養面での配慮が大切 食物アレルギーへの食事療法の基本

     

牛乳や乳製品をはじめとした食物アレルギーを発症しやすい乳幼児期は成長期でもあるため、栄養面での配慮は欠かせません。

症状が出ないようにするための食品除去(アレルゲン除去食)を行う場合には、除去の解除を念頭において、必要最小限の除去に止め、乳児では食品除去というよりも離乳食の進め方の工夫により対処します

 

1歳過ぎからは除去解除のための負荷試験の実施時期を、専門家に相談しながら見極めて、症状を起こさずに食べることができる食品を増やしていきます。

牛乳などは、加水分解による低分子化によるアレルゲン性の低減化が有効だとされています。

 

「食べること」をめざした食事療法の基本とは?
1. 正しいアレルゲン診断に基づく「食べること」を目指した必要最小限の食品除去が基本
 a. 原因食品を食材として用いていないで調理する。
 b. 調理による低アレルゲン化(特に卵など)
 c. 低アレルゲン化食品の利用
2. 栄養面とQOL(生活の質)への配慮:除去食品の代替と食生活全体への配慮
3. 成長に伴う耐性の獲得を念頭に置き、適切な時期に除去解除を図る
4. 安全に摂取することを目指した食事と体制作り

 

食物アレルギーを持つ乳幼児は増加傾向にあります。

そのため、地域の保健師や栄養士、保育所の保育士も盛んにその対処法を学んでいます。

 

即時性アレルギーを起こす症例は、厳重な制限が必要な場合もあるので別ですが、食物アレルギーのお子さんを持つ母親は、どうしてもアレルゲン食品に過剰に反応してしまいがちです。

あれもだめ、これもだめだと何もかにも制限してしまいがちですが、自分一人で何もかも抱え込まずに、専門の知識を持つ方に進んで協力を求めることも大切です。

 

大切な我が子がアレルギー症状で辛そうにしているのを見るのは、母親や家族にとっては子供以上に辛いことでしょう。

ですが、症状を全くゼロに抑えるためにQOLを下げていくのではなく、将来的に食べることを目指した長期計画で、専門家と二人三脚で食事療法に取り込んでいくことが成功の鍵だと言えるでしょう


 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/09/07-381770.php?category=254)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

牛乳・乳アレルギーの治療法!減感作療法

  除去食が基本の牛乳・乳アレルギーにおいて、少しずつ摂取しながらアレルギ...

牛乳・乳アレルギーは、待つのも治療のうち!

乳幼児の食物アレルギーで、鶏卵の次に多いのが牛乳・乳アレルギーです。 先進...


アレルゲンを含む食品の摂取を回避しよう!食物アレルギー対策

     牛乳や乳製品をはじめとする食物アレルギーの治療は、原因となるアレルゲ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る