カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 乗り物酔い >
  5. 気圧の変化で起こる機内の耳痛のメカニズム

気になる病気・症状

気圧の変化で起こる機内の耳痛のメカニズム

 

 

 

楽しい旅を期待して乗ったのに、ひどい耳痛耳鳴りに見舞われたということが
ありませんか。機内で見られる症状について、予防方法をご紹介します。

 

気圧が原因

飛行機の高度が上昇すると、地上では1.0気圧だった機内の気圧が、上空で0.8気圧に変化して、下降する時再び、1.0気圧になるとともに、私たちの体も様々に変化します。
特に下降時に起きる気圧変化が大きな原因です。

 

症状

飛行機に乗ると、耳が詰まって痛い自分の声が大きく聞こえる耳鳴りなどが感じられます。
鼓膜の内側の鼓室と外側で気圧差ができると、鼓膜が振動しにくくなるために起こります。

 

耳痛のメカニズム

飛行機が上昇鼓膜が外耳道の方へ膨張します、飛行機が下降鼓膜が中耳の方に収縮します。
この働きによって、耳が詰まったり、痛みを感じたり、難聴が起こります。

 

治療法

1、着陸20分前につばを飲み込んだりあごを動かしたりあくびをしたり点鼻薬をさしたり水を飲んだり、飴をなめます。
2、バルサルバ法ー耳抜き
鼻をかみます鼻をしっかりとつかみます息を吸い込んで口を閉じて耳の方に送り込みます唾を飲みます

両側の耳が通るまで、だんだん圧力をかけていく感じで ゆっくり試してください。

 

予防法

かぜアレルギー性鼻炎は旅行前に治療しておきます。
市販の点鼻薬を搭乗前と下降後に、噴霧すると軽減されます。

 

まとめ

楽しい旅を快適に過ごすには、体調管理をして、
耳痛や耳鳴りを軽減したいものですね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/07/09-379950.php)

著者: toragaraさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乗り物酔いに関する記事

飛行機で起きる乗り物酔いを解消

  飛行機に乗ったとき、激しい揺れや振動に遭うと気分が悪くなり、気持ち悪くなる...

外出や旅行を快適に!乗り物酔いしやすい人必見、乗り物酔い予防法

  ちょっとした外出や旅行で、乗り物の揺れや加速が強いと起こる乗り物酔いはどう...


つぼ療法で乗り物酔いを治そう

  休日に出掛けると、車の渋滞や電車の大混雑に合って、乗り物酔いしやすい人は苦...

乗り物酔いしやすい人・しない人0どうして起こる?乗り物酔い0

  乗り物酔いとは 遠足や旅行で峠を越えるコースをバスで行ったり、風雨がきつ...

カラダノートひろば

乗り物酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る