カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 雨が降る前の気圧変化で起こる頭痛をツボで解消!

頭痛

雨が降る前の気圧変化で起こる頭痛をツボで解消!

気圧が不安定になって、天気が変わりやすいと、頭痛が起こるという経験をしたことがあるという人はたくさんいるかと思います。

 

 

ここでは、低気圧頭痛に対処する方法をご紹介します。

 

雨が降ると頭痛がする原因

台風などで気圧が下がり、酸素が薄くなると、血管が拡張して頭痛が起こります。もともとアレルギーやストレス、ホルモン、睡眠不足などが原因で片頭痛持ちの方に起こりやすいといわれています。

 

 

症状

雨が降る2~3時間前から頭がずきずき痛くなり始め、吐き気や嘔吐をもよおし、光や音に敏感になります。

 

予防と治療

天気に左右されるので、完全に予防できるわけではないですが、天気が変わる前に、自分に合った鎮痛剤を服用することで軽減させたりすることもできるようです。

 

ハーブの活用

頭皮、首、頭の筋肉の収縮状態のバンランスを整えます。

 

 

①レモンバーム・・・・大さじ2

 

 フューパーフュ・・・大さじ1

 

 ラベンダー・・・・・大さじ1

②ガラナ・・・・・・・小さじ1

 

   ビタミンCを少量

 

 

固くふたのしまるびんに、上記のハーブ、沸点に達したお湯1リットル注ぎます。

 

 

急性期は、4分の1杯の薬用ティーを30分ごとに、治るまで飲みます。

栄養不足を補うサプリ

 ナイアシンアミド・・・・・300ミリグラム

 

 ビタミンB6・・・・・・・200ミリグラム

 

 ルチン・・・・・・・・・・200ミリグラム

 

 

この量を1日2、3回に分けて飲みます。

 

民間療法ではこんなものも…

大根おろしの絞り汁をガーゼに浸して、額にあて、横になります。

 

鼻の下にに2、3滴、垂らすのもよく効きます。

 

つぼ

滞っている気を動かし、頭への血流をよくします。

 

1,天中

首の後ろ側、髪の生え際の大きな筋肉の外側、ぼんのくぼみから指1本分左右に進んで圧痛を感じる場所です。

 

 

親指を天中において、残りの指を側頭にあて、ひじをつきます。頭の重みをちょっとずつ預け、5秒押しては緩める強い指圧を3~5分続けます。

 

2,風池

耳の後ろ側の骨の突起の下側とぼんのくぼみの中間点で圧痛を感じる場所です。

 

 

親指を風池において、残りの指を側頭にあて、ひじをつきます。頭の重みをちょっとずつ預け、5秒強く押しては緩める強めの指圧を3~5分続けます。

 

まとめ

台風や梅雨の季節には起こりやすい症状なので、上記のような対策を行って、頭痛のない快適な生活を送れると良いですね。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: toragaraさん

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

気圧の変化による頭痛(片頭痛)と薬の飲み方

気圧の変化に伴う頭痛や吐き気は、急な気圧の変化が血管を膨張させ、神経を圧迫す...

湿気による頭痛にはこう対処する

梅雨の時期の頭痛は、湿気が原因である場合もあります。   この場合おこっ...


低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について

漢方医学では、痰濁中阻証という体質の人に低気圧頭痛が起こりやすいといわれます...

梅雨の時期の頭痛*旬でも避けたい食材

  片頭痛ははっきりした原因があるものが無い場合が多いため、、どういった対...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る