カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. バストアップの代表ツボ「壇中」ツボで女性ホルモンの分泌を活性化!腕の血行をよくする!美容効果も期待できるエクササイズ ★図解イラストあり

美容・ダイエット

バストアップの代表ツボ「壇中」ツボで女性ホルモンの分泌を活性化!腕の血行をよくする!美容効果も期待できるエクササイズ ★図解イラストあり

 

バストアップのツボの代表としてよく上がるものの一つが壇中(だんちゅう)です。

 

 

壇中はどこにある?

壇中は比較的見つけやすいところにあります。壇中の場所は胸の谷間のちょうど真ん中あたりで、胸骨の真ん中を走る骨の部分にあります。押しやすい指でぐっと押してみてください。おそらく痛みを感じると思います。

 

壇中と女性ホルモン

壇中は女性ホルモンの分泌を非常に関係の深いツボとされています。男性が性別適合手術を受ける際、女性に体を移行していく過程で女性ホルモンを定期的に投与することがあります。

 

これによって体に変化が起こるのですが、一番わかりやすい変化が少し胸が膨らんでくることです。この変化からも分かる通り女性ホルモンとバストのふくらみは深く関係していますので、壇中を刺激して女性ホルモンの分泌を促進することはバストアップに効果が期待できます。

 

押し方1

ツボに指を押し当て、3秒かけてゆっくりと強めに力を入れて押していきます。

その後3秒かけてゆっくりと力を抜いていき、指を離します。

これを3回から5回ほど繰り返します。

この押し方が一番メジャーな方法かもしれません。痛みを感じやすい場所ですので、いきなり力を入れて押してしまうと筋肉が不必要に緊張してしまったりしてよくありません。

 

押し方2

人差し指と中指を重ねるようにしてツボにあてます。

ツボに指をあてたまま上半身を前かがみに倒していきます。

これと一緒にゆっくりと息をはいて、同時に倒す力を利用してツボを押します。

息を全部吐ききったら上半身を元の位置に戻します。

このときもゆっくりと息を吸い、体の動きに合わせてゆっくりと指の力を抜いていきます。

 

 

気をつけなければいけないのは、壇中のツボを刺激してバストが大きくなったとしても、大きいバストを支える筋肉がなければ垂れる可能性が大きくなります。そのため、同時進行で胸の筋肉を強化するエクササイズも行って下さい。

 

ツボで女性ホルモンの分泌を活性化してバストアップ

女性ホルモンとバストアップは関係の深いものです。女性は女性ホルモンが男性よりも多く分泌されているからこそ、丸い女性らしいフォルムの体になります。それはバストも然りで、女性ホルモンの安定した分泌が形良いバストをつくります。そこで女性ホルモンの分泌を促すツボをご紹介します。

 

 

バストのツボ 壇中(だんちゅう)

胸の谷間のバストトップと同じ高さにあるツボで、押すと痛みを感じます。バストアップの代表的なツボで、女性ホルモンの働きを促進する以外に自律神経を整えてくれるのでストレス解消にも効果を期待できます。圧痛のあるツボですので、急に強く押さずゆっくり刺激するようにしましょう。

 

足のつけ根のツボ 帰来(きらい)

足のつけ根あたりに左右2つあるツボです。へその左右に指3本分移動し、そこから指6本分下に移動したところにあります。子宮に近いだけあって子宮に付属する臓器に効果があります。中でも卵巣は女性ホルモンと深い関係にありますので効果的です。

 

足のツボ 血海(けっかい)

血海はひざ周辺にあるツボです。このつぼは左右の脚にそれぞれ一つずつあり、ひざの皿の内側から上に4.5㎝ほど上がった場所にあります。この周辺で筋肉が盛り上がったところを探すと見つけやすいです。このツボは字のごとく血に関する効果が期待できるツボで、女性の冷えなど血行に関するツボですが、同時に女性ホルモンを正常化してくれる効果も期待できます。

 

足のツボ 三陰交(さんいんこう)

女性のツボとして代表的なツボです。場所は内側のくるぶしの一番高いところから指4本分上に上がったところにあります。女性系の疾患や冷えなどに効果が期待できるツボで、女性ホルモンの分泌を調整し整えてくれる作用が期待できます。

 

 

とくに女性特有の悩みを持っている人は女性ホルモンの分泌が安定していないことがありますから、女性ホルモンの分泌を促進することでバストアップを望めるかもしれません。

 

バストサイズがアップするだけでなく美容効果も期待できるエクササイズ ★図解イラストあり

胸のカップはそう簡単には変わらないものでしょうか?

しかし、胸の大きさで悩んでいる女性にとって、カップが大きくなるかならないかということは大きな問題です。

そこで、バストアップに効果を期待できるエクササイズを紹介します。

 

 バストアップ効果が期待できるエクササイズ

 

1、胸の前で手のひらをあわせて、力を入れて左右から押します。

 

2、1の状態のまま手を左右へ動かします。

 

1と2は胸の筋肉と脇の筋肉を鍛えて、バストを支える土台作りのためのエクササイズです。

そのため、単純に腕に力を入れるのではなく、胸の筋肉と脇の筋肉を鍛えるように意識して行って下さい。

 

3、二の腕の脂肪を小さくつぶすようなイメージでマッサージします。マッサージ前とマッサージ後の二の腕の脂肪を比べ、かなりやわらかくなるまで、5分ほど行います。

 

4、そして柔らかくなった二の腕の脂肪をバストに流すようなイメージで、マッサージしていきます。温めながら、手のひらでさするようにして二の腕から胸と流します。これを15分ほど行います。

 

5、左右の腕をそれぞれ行って下さい。

 

少し時間のかかるエクササイズですが、それだけ効果も期待できるようです。

人によって効果があらわれる期間は違いますが、年齢による効果の違いはないということです。

また、このエクササイズはバストアップだけでなく、リンパの流れもよくなるため、肌の調子が良くなるなどの美容効果も期待できます。

 

このエクササイズは、お腹の脂肪を同じようにやわらかくして胸に流すこともできますので、余裕があればそちらも行うと良いでしょう。

 

 (ストレッチイラスト by 運営 )

 

腕の血行をよくするエクササイズ!

バストは腕や足のように自発的に動くことはありません。その上バストはブラジャーなどできつく締めつけられている時間が長いので、血液循環が悪くなってしまいがちです。体のどの部分であっても冷えや硬直、緊張といった要素は体によくありません。そのためバストもこうした要素を取り除く必要があります。そしてバストの冷えを取り除く前にその周辺の血行をよくしておくことも大切です。

 

 

バストの周りの腕の血行をよくする

足を肩幅に開いて姿勢よく立ちます。

どちらか一方の腕を肩の高さで床に水平になるように上げます。

このとき手の平は床の方を向いていて、ひじはぴんと伸ばした状態です。

まずは指先の方に向かって腕全体を思いっきり伸ばしてください。

 

次に、手のひらを上向きになるように返します。

その状態から腕全体を内側・外側にしっかりと数回ねじります。

 

今度はまた手のひらを床方向に向けます。

そこから手首だけを動かして手のひらが立つ状態にします。

このとき手の甲が自分の方向を向いていると思います。

この手の甲を自分の方に近づけるように力を入れ5秒ほどキープします。

ここで腕の筋肉が伸びていることを感じてください。

 

次にこの逆をします。

手を伸ばした状態で手のひらを上向きになるように返します。

そして手首だけを動かして手のひらが立つようにし、手の甲を自分の方に向けます。

このとき手の甲は腕の下で自分の方を向いていると思います。

ここからひとつ前と同じ要領で手の甲を自分の方に近づけるように力を入れ5秒ほどキープします。

ここでも腕の筋肉の伸びを感じてください。

 

 

パソコンなどで長時間一定の動きしかしていないと、腕の筋肉も緊張して血行が悪くなります。腕の血行が悪くなるということはすぐ近くにあるバストの血行にも影響を及ぼします。普段腕の筋肉をあまり使わない人や腕が冷えがちな人はまずは、腕の血行促進からしてみてはどうでしょうか。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美容・ダイエットに関する記事

平尻を骨盤の歪みから治す

  自分のおしりはきれいな丸みがあるでしょうか?日本人女性の多くは「平尻」と言...

その靴ずれ・水ぶくれ・ガサガサかかとどうする??足の裏のゴリゴリ・・それは老廃物かも!足湯・手湯でお家で簡単健康法

「靴ずれで、かかとや指に水ぶくれができてしまった!」だれしも一度は経験がある...


顎下に溜まるリンパ液が顔太りの原因だった!

顔が太って見えることに悩み、幾らダイエットをしても顔だけが痩せないということ...

セックスでアンチエイジング

    えっ?!本当に?と驚かれるかもしれませんが、真剣なお話で、もちろん本...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る