カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. よく眠ってアレルギー症状を緩和させるための3つのポイント

アレルギー

よく眠ってアレルギー症状を緩和させるための3つのポイント

koala-bear-9960_640.jpg

アレルギーの症状緩和のための睡眠方法について見ていきましょう。

●必ず眠っていたい時間


睡眠に限らず、アレル
ギーの症状緩和のためにはリズムを作ることが大切です。

1日1日同じリズムで過ごすことで、体が受けるストレスが少なくなるからです。
睡眠に関して言えば、特に眠っておきたい時間というものがあります。
それは夜の11時から深夜3時までの4時間です。
この時間には、体が1日の疲れを取って細胞を修復しています。
免疫細胞も新しく作られるため、この時間に眠っておくことで免疫バランスを程よく保つことが出来ます。
遅くとも午後11時前には布団に入るという習慣をつけておくとよいかもしれません。

●眠りを充実させる


時間としては長く寝たのによく眠っていない、ということがあるかもしれません。
眠りの質が悪いことはストレスにつながるので、アレルギーの症状を悪化させてしまいます。
アレルギー症状緩和のためには、眠りの質についてもしっかりと気を配った方がよいです。
具体的に出来ることとしては、眠る2時間前からは食べない、テレビなどを見ないということです。
目から刺激を入れずにゆったりと音楽などを聞く程度にとどめておきましょう。
出来れば電気も間接照明にした方がよいです。
ものを食べると消化器官が働き出すので、寝る前にはお勧めしません


●適度に運動をする

体が疲れていないと眠気がなかなかやってきません。
運動不足が原因で不眠になったという方もいるくらいです。
休みの日でも、昼間に適度に運動をすることで夜の快眠を得ることが出来ます。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2011/09/28/23/19/koala-bear-9960_640.jpg)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

アレルギーを緩和する室温と湿度

アレルギーをいつでもどこでも起こしてしまうと大変です。例え症状が軽かったとしても...

アレルギー緩和作用がある2大茶

アレルギーの症状緩和にお茶を利用することも可能です。特にアレルギーに効果のある2...


ストレスは消化器系にも良くない?ストレス対策でアレルギー予防

  ■ストレスによる消化器系への影響がアレルギーの引き起す主な要因の一つで...

皮膚の上でカビが繁殖する!梅雨の時期のカビは皮膚トラブルを引き起こすこともあるんです!

  日本の梅雨の時期というのは、カビが繁殖しやすい環境です。 このカビは皮膚...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る