カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 表情 >
  6. 子供の素直さ~表情と心は一致していますか?

育児・子供の病気

子供の素直さ~表情と心は一致していますか?

 

 


「子供らしい」または「子供らしくない」とは一般的に使われる言葉ですが、子供らしさとはどういうものなのでしょうか。

 


■子供らい素直さ

素直な子供とは、常に表情と心が一致しており、楽しい時に笑っている、悲しい時に悲しい表情をしている、腹が立った時は怒るということでしょう。悲しい時にも我慢して笑顔を作るような子は、「よくできた子」「我慢強い子」などとポジティブにとらえられることもありますが、実は内心無理をしているのかもしれません。

 

■うらはらになる理由
大人の顔色をうかがい、機嫌を損ねないために無理をしているという可能性もあります。怒られる理由に一貫性がなかったり、言い分を聞いてもらえず頭ごなしにしかられるといったことが日常的にあれば、子供も自分の心を守るために常に顔色をうかがい、大事にならないようにうまく振る舞おうとします。また、普段から「本当にダメな子ね!」「どうせできないんだからやめたら?」などと子供の自尊心を傷つけるような言葉を投げかけられていると、自分に自信が無くなってしまい、「ありのままでは誰にも受け入れてもらえない」という考えが根付きます。そうなると「いい子」の自分を演じるようになり、本当の気持ちを抑えたまま笑顔を作るようになってしまう、というケースもあります。

 

■兆候があれば心のケアを
子育て中はイライラすることも多々あり、つい乱暴な言葉を投げかけてしまうこともあるでしょう。仮に怒ってしまっても後でこういう言い方をしてはいけなかったと子供に謝り、本当は大切に思っていることを伝えてあげるのもよいと思います。子供が失敗しても怒鳴るのではなく、落ち着いて諭すようにしましょう。その時の気分で怒ったり許したりせず、一貫性をもたせるようルールを決めておくなどするとよいでしょう。神経質な性質の子であれば、以前に比べてできるようになったことはどんどんほめてあげるようにし、お手伝いをお願いして「とても助かったよ、ありがとう!」とお礼を言うなど、自己肯定できるような言葉をかけてあげるとよいでしょう。

 


小さいうちに身に着けた対処の仕方を大きくなってから変えていくのは難しいことですので、表情を見ていて気づくことがあれば早めにケアし、子供らしさを取り戻せるようにしましょう。ママ自身が自分の言動を抑えられないくらい参っていて辛いという場合は、周囲の人や地域の相談窓口や専門家に早めに相談するようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/23-336995.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

表情に関する記事

表情豊かな子には、読み聞かせをしてる人が多いって本当?

子供には読み聞かせをしましょう。 読み聞かせが子供の成長にとってとても良い...

テレビと表情の関係

核家族が多い現代では、ご飯の支度などの家事の時、子どもの面倒を見てくれるのは...

成長の目安の体験談

ハイハイしてる…かな?

9ヶ月半になり、ズリバイから身体を持ち上げたハイハイへと成長しました! まだスイスイ進むことは...

生後9ヶ月頃からの人見知り。娘も息子もそうでした。

娘が2歳1ヶ月、息子が9ヶ月となった年末年始、実家と義実家に帰省してきたんですが、息子が人見知りする...

カラダノートひろば

表情の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る