カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. 自己主張の表れ!?3歳児のわがままへの対応のポイント!

育児・子供の病気

自己主張の表れ!?3歳児のわがままへの対応のポイント!

1歳後半ぐらいから「イヤイヤ!」であったり「自分で!」だったりと、自己主張が強くなり始めます。

 

最初は「自分でコップに牛乳を入れたい!」「歩かないで抱っこがいい!」などと自分のしたいことをやり通そうと主張してくることが多く、聞いてくれるまでワンワン泣いたり、床にひっくりかえって泣いたりということもあったでしょう。

 

3歳になるころには、それまでとは少し違った要求も増えていきます。

 

3歳からのわがままの特徴

それまではとにかく自分のしたいことを押し通そうとするわがままが多く見られますが、3歳頃になると何かしらの自分なりの理由があってそうしたい、という主張が増えてきます。言葉の理解も深まり、しゃべることも上達してきますので、より具体的にわがままを言うこともあります。 

 

わがままにはどう対処する?

まずはどうしてそうしたいのかという理由を聞いてあげましょう。大人では思いつかない発想からわがままを言っていることもありますので、頭ごなしに怒らないよう心がけましょう。

 

言葉を理解する力もついてきていますので、ママも言葉で説得したり駆け引きしたりすると、案外すんなり受け入れてくれることもあります。

 

「ご飯じゃなくてお菓子が食べたい」

「車道に入って車を近くで見たい」

 

など、成長を阻害したり怪我や事故の危険性がある場合はきっぱり断ります。

 

厳しすぎても甘すぎても自立を妨げる場合がありますので、

 

「テレビは一切ダメ!」や「テレビはいくら見てもOK」ではなく

「テレビは○○と△△の番組だけ見たら消す」

 

などと、家庭内でルールを作って、それを基準にけじめをつけさせるとよいでしょう。

 

大人から見るとわがままに思えることも、多方向から物事を見ることができない子供にとっては、当然の自己主張だと感じているかもしれませんね。

 

イライラすることも多いですが、子供の気持ちをくみとりつつ対応していきましょう。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

泣き叫び、怒り、騒ぐ…そんな感情的な子どもを落ち着かせるために必要なこととは?

うちの子、なんだかすぐに感情的になるしよく泣いてよく怒る…いったいどうやって対...

離婚など「大人の事情」を子どもに伝えるには

    離婚など、子どもに大人の事情を どう話したらいいのか悩むおかあ...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る