カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. 急に起こる胃痙攣のメカニズム

気になる病気・症状

急に起こる胃痙攣のメカニズム

胃けいれんは、胃壁にある筋層が異常に緊張して、胃がけいれんしているような感覚になります。年末年始等の外食が多くなる季節、胃けいれんの症状・原因・対処法についてご紹介します。 

 

機能性の病気

現在、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)と呼ばれる病気です。

ストレスが、胃を動かしている自律神経のバランスを崩して、胃が過敏に反応して、強い痛みを感じます。

 

特徴

食べ物を摂取した後に、みぞおちのあたりを中心に強烈な痛みが走り、動くだけで苦しくて脂汗が止まらない状態の発作が、30分から2時間続くのが特徴です。

その他、吐き気、食欲不振、胃のもたれ、嘔吐、胸やけなども併発して、苦しむこともあります。

 

原因

胃炎、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、胆のう炎、胆石症、膵炎、虫垂炎などが原因で、強い心的ストレスや急に緊張した場合などにも起こります。 

 

検査

1、血液検査

2、胃腸のバリウム検査

3、内視鏡検査

4、腹部X線検査

5、腹部超音波検査

 

治療

1、痛みが続く間は、背中を撫でて自律神経の緊張を解きほぐしてあげます。

2、市販の胃薬 胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーや胃の動きを抑える臭化ブナルスコポラミン(一般名:ブスコバン)で治療ができます。

3、痛みが治まらない場合は、病院で痛み止めの注射やは鎮痛鎮痙剤を処方してもらって、迅速な症状改善を行いましょう。

4、検査を受けて、原因となっている疾病を確定して治療します。

予防

食事をする時はよく煮たり、蒸した柔らかい食べ物を、ゆっくり噛んで食べ、腹八分目にして、お風呂や足湯で全身を温め、痛みが出ないように予防しましょう。刺激物や油物、カフェインは胃の負担を多いので控えます。

 

季節の変わり目に、体力が低下したり、自律神経の調子が乱れると起こりやすいので、普段からストレス解消や規則正しい食生活をできるだけ心掛けるようにしましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●心的ストレスから引き起こされる胃痙攣とは?

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: toragaraさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

胃痙攣の激しい症状…大切なのは原因に沿った治療をすること!症状と原因について

胃痙攣の経験はありますか?主に、食事の後などに、胃壁が緊張し、突然激しい痛み...

胃痙攣を誘発する食べ物とは?胃に優しい食事を食べて対策しよう!

胃痙攣には、実は相性の合わない食材・食べ物が存在します。それらの食材・食べ物...


胃けいれんの時の食事療法

食後30分位してみぞおちのあたりが痛む胃痛は、胃の筋肉のけいれん、胃の粘膜の炎...

胃痙攣を撃退!食事を見直して、胃痙攣を減少させよう!

  胃痙攣を起さないために、普段の食事を見直してみませんか? 食事は意外...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る