カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 不整脈 >
  7. 脈が少なくなる不整脈

生活習慣病

脈が少なくなる不整脈

不整脈には、ドキドキが激しくなるものだけではなく、脈が少なくなるものもあります。1分間に60回以下の拍動になった場合を「徐脈型不整脈(じょみゃくがたふせいみゃく)」といいます。

 

血液を送っている心臓の機能低下

心臓の拍動(=心拍)は、一定のリズムで打つことで全身にまんべんなく血液を送ることができます。同時に、この拍動は精神的なものとも連動し、興奮すれば文字通り「ドキドキ」しますが、落ち込んだからといって心臓の動きが遅くなったりはしません。脈が遅くなるこの徐脈型不整脈は、心臓の機能がなんらかの影響でうまく動けなくなっているとも考えられるため、注意が必要です。徐脈型不整脈はいくつかのタイプに分けられます。

 

1.房室ブロック、洞不全症候群(どうふぜんしょうこうぐん)、脚ブロック

いずれも心臓を拍動させる電気信号が、心臓内でうまく伝わらないために、脈が少なくなる現象です。心拍数が1分間に40〜50回以下になった状態を指します(正常:50〜70回/分)。

 

2.洞性徐脈(どうせいじょみゃく)

脈が遅くなっているものの、脈のリズムそのもの(波形)には異常がないタイプの不整脈です。1拍ごとの血圧は変わらないか低下しているため、全身へ送られる血液量が低下するため、めまいや失神等が起きることがあります。

 

3.洞房(どうぼう)ブロック

洞房不全症候群の一部の症状でもあります。心臓の拍動を起こすための電気信号は、洞結節で発生します。ここで発生した電気信号が、心房に伝わりにくくなっている状態を洞房ブロックと言います。これが重症になると心臓が止まっている状態になりますので、心停止が5秒以上になる場合には、ペースメーカーの埋め込みが必要となります。

 

全身へ送る血液量が不足

これらの徐脈型不整脈は、心臓から送られる血液量が足りなくなるため、失神等を起こしやすくなります。また、心臓の機能があきらかに低下していますので、その原因をきちんと調べる必要があります。ただのめまい、と思わずに、めまいを頻繁に起こすような場合には、脈拍を確認し、病院へ行きましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/01-361578.php?category=265)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不整脈に関する記事

QT延長症候群は遺伝子異常から

  不整脈の中には、遺伝性、あるいは薬物使用などが原因と考えられているQT延長...

不整脈はなぜ起きる?

    よく耳にする不整脈。心臓の動きがおかしくなっていることかな?と思いが...


不整脈の薬物治療 「心臓の電気を正す抗不整脈薬」と「ストレスに対処する精神安定薬」

  不整脈は多くは積極的な治療を必要としません。もし不整脈が見つかったとしても...

自律神経の乱れ?!不整脈とストレスの関係

    こわいこわい、と思いがちな不整脈ですが、原因がはっきりしない不整脈が...

カラダノートひろば

不整脈の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る